好きだったバンドのCDをあらためて聴くと下手でうるさかった

そういうこともあるよね。

自分でも真似の出来る優しいもの

音楽としての体を崩す早弾きがあって

なんというか

譜面として残る曲の良さと

演奏技術の高さはまた別で

もう

変な譜面を高いレベルで演奏するのは

クラシックにもあるわけで

下手でうるさいというよりは

自分の耳に合わなくなった

というべきか

もともとガヤガヤとうるさい中に

好きなフレーズがあるから

好きだったわけで

新しいフレーズを生む実験音楽

実験の成功部分だけを受け継いだ

最近のポップを聞き慣れたせいで

だから昔の曲にダメを感じていて

ああ、発展途上の悲しさよ

ロックもポップも洗練されてゆく

そういうことかもしれない

プログレッシブなわけよ

広告を非表示にする