読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グルーヴの強さを論じるあたりが不毛なんだよな

カプエス2の話になると「どのグルーヴが強いか」って話が出る。

でもそれって、合計してとか平均して計るほど総論的な話ではない。

キャラとグルーヴには相性があるので、例えばモデルとしてCグルーヴを100としてNグルーヴが120で、リュウが100とするとサガットが150でCサガットが150×100でNリュウが100×120でCサガットが強いとか、そういう単純な話に考えていないか。

上手い人、賢い人ほどキャラやグルーヴが違うと自分の立場での利点を活かす。

カプエス2はストZERO3のようでもストIII3rdのようでもKOFのようでもあって、相当に知識がないと諸々の対戦相手全部には対応できない。

その上でグルーブの強さは繰り返しになるけどCグルーヴを100として一律の倍率を求めるのって、それって相当にグルーヴ対策極めて無いと始まらないから。CとNが使いやすくて、Aが難しくて、SとPとKは相手に回すと特別なノウハウがいる。そのあたりが語りの限度だと思ってる。

当たり前のことを書いておくとCグルーヴはゲージが3段階あり、レベル1で攻撃力1.01倍、レベル2で攻撃力1.03倍、レベル3で攻撃力1.05倍になり、レベル2のスーパーコンボに必殺技キャンセルが出来てレベル3より大ダメージを与えながらゲージが回復する。

Aグルーヴは空中ガードが無く、ゲージで攻撃力は変化しないがキャラによっては大ダメージのオリジナルコンボがあり、必殺技の吹き飛びにオリコンで追い打ちをかけれるキャラがいる。

Pグルーブはブロッキングがあるが、前転がない。前転もキャラによっては相手の大攻撃に合わせると密着反撃が入るので、とりわけブロッキングのほうが有利な点を上げると本来スキのない弱中攻撃に反撃が可能になること、空中ガード不可な技でも空中ブロッキング出来ること。そしてPグルーブのゲージはCグルーヴのレベル3より溜まりづらく、ガードクラッシュゲージも減りやすい。

AやPのほうが一般的に扱いづらいとするけど、追い打ちオリコンのあるキャラならCで通常技でヒット確認をするより簡単だし、前転の遅いキャラならブロッキングのほうがチャンスを作りやすい。それらはキャラに一律の倍率で掛けるグルーヴの総合点という解釈ではなく、システムとの相性だから。

グルーヴの強さって、論じるにはどうやって計るんだと。キャラ差以上に計り難い性質のパラメーターじゃないのかな。