読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱ面白いのは餓狼伝説スペシャルと龍虎の拳2やな

「お前よぉ、対戦ゲームが面白いっちゅうけど、あいつらのしてくることがそんな面白いっちゅうんけ?」そう言われて考えていた。

「ほんでよお、餓狼伝説スペシャルのコンピュータは理不尽に強いゆうけど、俺はそんなこと思わへんぞ。お前よお、じきに3連勝くらいするやんけ。100円で全部は倒せへんのかもしれんけどよ、対戦やったら3連勝ゆうたら金星ちゃうんけ?そう考えたら1回戦で100円取る対戦のほうが理不尽ちゃうんけ?」

「俺もゆうたるわ。1勝でも勝ちは勝ちや。お前よぉ、見てたら充分面白そうに遊んどるわ。けどよ、山田十平衛はやめたほうがええぞ?あれはガイルと一緒や。煎餅投げとるだけやろ。結局球撃ってよ、飛ばして落とすだけやったらカプコンと一緒やんけ。上手とちゃうわ。ギースの当て身投げやろ、アレは上手やわ。テリーも格好ええぞ?」

「それが分かったらカプエス2ちゅうのもっぺんやってみろや。面白いぞぉ?」

「このギース、餓狼伝説よりちょっと背ェ高いのう。そんで技も速い。見てみぃ、ほら、勝ったじゃろ。だんだん上手になっとるわ」

「神豪鬼も倒したやんけ。やっぱよぉ、神豪鬼強いっちゅうけど餓狼伝説スペシャルいっぺんで全部勝つほうが難しいんちゃうけ?」

「人から認められへんゆうけどな、それはお前がゲームセンターとしか付き合わへんからや。ほんでよお、お前はパソコンでもゲーム機でもなんでも持っとるけぇ、ほらみろ、缶コーヒーでも、それ旨いのか知らんけどチッコイ缶の高いの買うやんけ。俺らはそういう金の使い方を見とるんや。金持ちは何でも金で買いよる。でもお前はワシらと話せるのぉ。バカにされても怒らへん。」

「まあ見てろよ、無駄遣いすな。好きなだけ遊べるんやからよ。俺らな100円もらえるんやったら、もっと面白い動きでけへんか考えといたるわ。まだまだよ、家でゲームそれ一個しか持ってへん子供と比べてやり足らんのちゃうけ?」

「それはゆうたるなよ。あいつらよ、買うてもろてコンティニューしまくっていっぺん越したら満足や。こいつはそういうのとはちょっとちゃう。見てても充分おもろいわ」

「俺らはよ、口動かす仕事とちゃうけぇ、上手いことはよう言わんし、口も聞かん。褒めもせん。せやけどよ、言うたりたいことなんてナンボでもあるからよ。」

「面白いのは餓狼伝説スペシャル龍虎の拳2や。お前、それ言えよ。カプエス2なんてゆうたらアカン。面白いのゆうたったら勝ちや。そんで聞いたやつも嬉しいやろ」

喫煙所のおっちゃん。