FFVII日記を付けようかと思っていたんだが

盛大にネタバレを盛り込んだウォークスルーになるからやめとく。「俺はこのゲーム、こう遊んだよ」という主体性が入り込む余地なく、五番魔晄炉でひねくれた進み方をして迷ったよとか、ボタンの同時押し意外とムズいとか、何人が経験して何人が共感してくれるのかさっぱり見えてこない上に迂闊に書くとネタバレになる。ネタバレは今更だが俺はFFVIIで既に遊んだ人とも話をしたいし、まだ遊んでいない人が俺のブログを読んで「それみんな遊んだんやー」と思った人が読んで済ますでなく一緒に遊んでくれたら嬉しい。

さり気なく提供されるテントやエーテルは多分使わなくても進めるバランスだけど、それ使ってレベル上げしながら進んだほうが戦闘を考えないでボタン連打で進めてラクかも。という具合。今のところボタン連打とポーションとケアルだけで片付いてる。クラウドも魔法が使えるのに!だ。

しかし、俺の友達の中には魔法が分からずFFIIを「たたかう」と「ケアル」だけで皇帝まで殴りきったやつとかFFXをアーロンだけレベル上げてシンを斬り倒したやつがいて、「ちょっとやらせて」とコントローラを奪ってティーダで「ヘイスガ」をかけるとアーロンがさらなる無双をして驚いていたりした経験もあるので、FFに自由度がないと考えるのは思慮不足。

与えられたリソースを上手く配分して詰めるようにクリアしちゃうから一本道で選択肢が無いように思えるんだけど、それは色々なゲームに慣れて最適解がはじめから見えちゃうからそう錯覚しているだけで、一本道にみえる随所に脇道でレベルアップ可能になっていて、魔法プレイでも戦士プレイでもちゃんとクリアできるのね。

なんだろう、この感覚。詰将棋に見えるけど、王手をかけなくても詰まされない。分かりにくいかもだが。

そう、俺は魔法好きで女神転生がダメになった理由はナカジマが戦士キャラでユミコが魔法キャラな初代は行けたんだけど、ステ振り自由な割に上げ方をミスると詰むバランスが嫌になったからなんだよな。でも女神転生やペルソナというアトラスゲーが好きなやつに言わせると「俺も何度もやり直したよ!」と言ってたので、俺だけが選択を誤ったわけでなく、みんなもうちょっと我慢強い。

そんな俺はドラクエXでコミュの中ただひとりの魔法使いを楽しんでいたけど話が進んで装備を変えると魔法使いの服を着て、それを見たひとりが「その服カッコイイ!」と速攻で魔法使いに転職して服をパクられて嫌になってログアウトしたんだよな。これも冷静に考えると盗賊とか戦士とか僧侶をやっている人は自分と同じような格好をしているキャラが周りにウヨウヨ居ても平気なわけだ。そうだ、それから俺は自分のいつも買うブランドの服ではなくユニクロを着るようになったんだったな。「自分だけ」じゃないことに慣れないと人の輪で暮らすのは難しい。

最近は被せられると嫌な気分がするでなく、むしろ自分からどこにでも居そうな人に寄せて服を選ぶ。東京では多くの人がそうらしいな。浮かないように忍者のように。