「最近面白いゲームに出会わない」と嘆いている友人への手紙

羽生流で上達! 新しい詰将棋初段150題

このところ毎日将棋ウォーズを3局指しています。なんか将棋熱が上がっていた時に有料会員になって100局くらい指しまくって30級から4級まで駆け上がったのですが。4級で1勝2敗ペースを堅持して3級に上がれる気配がなく、闇雲に指さずに棋力アップのために詰将棋と手筋をやろうと部屋をガサガサやると詰将棋の本が出てきました。

買った当時は将棋自体をコンピュータ将棋しかしていなくて、詰将棋の難しさに堪え切れず投げたのですが、ネット対戦で棋力アップに行き詰ったのが4級で、持っている詰将棋の本が2級から初段向けだから「これ丁度いいじゃん!」となりました。

将棋と向き合う気になったのはプレステや3DSに飽きてきたからです。「なんか最近面白いゲームが無いなぁ」と思ったことは何度もあるのですが「最近面白いゲームが無い」と言う人に「じゃ、何が面白かった?」聞いて古いゲームを買ってみたりもしたんですよ。そうすると分かってきたのは、みんな暇をしている時にありふれたゲームの難所をどうにかくぐり抜けて、当時のことを振り返って面白かったと思っているだけで、最近のゲームは買うには買ったけど面白くなる前に「こんなものか」と投げているということなんですよね。

RPGだと同じ敵キャラを何度も倒すとレベルが上って進めるので作業に感じて退屈したり、そうじゃないアクションモノとかは自分が上手くならないと越せない。そして最近はアクションも長編大作で最初のほうが簡単で遊び続けてもなかなか自分と腕が釣り合う面まで進まない。だから面白味を感じないわけです。反対に難しすぎても駄目だし。

新作買うのをやめてみて、ひとつのゲームを掘り下げてみると、また違った面白さが見えてくるんですけど、俺の場合カプエス2のハイスコアをやりだして、突き詰めるほどにコンピュータのランダムのムラっ気にスコアが左右されて「あとは気を緩めず良いパターンを引くまで続けるだけ」となった時に「あれ、これ麻雀じゃね?」ってなったんですよ。

そこへきて将棋がまた刺さったんですよね。将棋も一朝一夕に強くなるものでもなさそうで、しかし格闘ゲームで同じゲームを何年もひとりで研究してみて「今の俺なら詰将棋も折れずに最後まで解ける」と思うように気持ちが変化したんですよ。

広告を非表示にする