トレカをもっと安く作れないものかと

ネット印刷のサイトを巡っていると部数が増えるほど1枚あたりが安くなり、2000枚くらいから1枚10円を切るので商売抜きで遊ぶのに丁度いい部数かなと思っていたのですが、マジック・ザ・ギャザリングは発売から6週間で100万枚売れたって歴史を知りました。桁が違う。

ホントいうと100均ショップでトランプが52枚で100円でサイコロ付きなのでトレカも頑張ったらそのくらいの値段にならんかなと。

各々がパックを買って自分のデッキを持ち寄るっていうマジック・ザ・ギャザリングの代表的な遊び方ではなく、その場で未開封のパックを3パック開封して麻雀のように遊ぶブースタードラフトという遊び方を何とかして1箱のテーブルゲームに出来ないかと考えています。面白い遊び方なのは分かっているけど、ちょっと大掛かりだからコンパクトに出来ないものかと。

マジック・ザ・ギャザリングって自分のデッキを作ったら、まだ見ぬ他のデュエリストと勝負ができるという少年の旅立ちみたいなメンタリティがハマる動機になっているかもだから、ゲーム制作者側が遊び相手として自分のデッキを持って接待に出ているという主客の曖昧な部分があるんよね。「売りつける」って感じじゃなくてゲーム作者自体が大統領の玄孫で自分で遊び方を考えて一緒に遊んでもらうために私財を投じて会社が乗った(または乗せた)そんなストーリー自体がそうそうあるものでもなく。

俺もカードゲームで遊びたいけどマジック・ザ・ギャザリングは高すぎるから自分で作って印刷代の元が取れるくらいの値段でカンパしてくれる暇な人いないかな。