それって本当に自分で思ったことなの?

よく当たる占い師に「来月運命の人に出会います」とか言われちゃうと、なんとなく来月になったら会う人すれ違う人「この人かな、あの人かな」と思ってしまうじゃん。

ちょっとそれとは違うかもだけど女性がよくやる類推ほのめかし。ズバッと言えないから何かにかこつけて古文みたいに何となくそれを思わせるように会話を持っていかれると、自分で一度考えて「ああー、なるほどね」って理解するから、相手に言われただけのことなのに自分ってそうなのかなと思って世界を見ちゃう。

だけど、良くよく考えたら占い師に言われてドキッとしてるのと同じで、決して図星を突かれているわけではなくて「俺ってそう思われてるの?」思ってドキッとしてるんだけど、そういう時になにをどう言い返そうかってことは普段考えてないからそこで会話終了して、決して二度と話さないってパターンが結構あるんだよね。

そう、T-BOLANの「話したくはない」違うか。って、こんなくだらんことばっか言ってるから話したくなくなるだけかも知れんけど。

分かった。これって会話だったら「何こんなこと真剣に語ってんだろ?」どこかで我に返って茶化すんだけど、文章にして残しちゃうと会話の間とか早口でまくし立ててついていけなくさせるとか何もなくてゆっくり考えて読まれると間違っていたり、大したこと言ってなかったりだからな。

つまりは、相手の言いたいことが分かってもそれって俺に対してなにひとつ当たってないんだよね。だからと言ってどうだってのを類推させるように考え直して言い直す術が俺にはないから「違うのになー」と思いながら黙っちゃう。もともとがズバッと言うんじゃなくて類推だからとぼけられたら終わっちゃう。

難しいね、会話って。言われたことを気にしてたら自分が元々なんだったか分からなくなるよ。