映画「君の名は」をdTVレンタルで観た

見たいなぁと思いながらナンダカンダで映画館行けなくてdTVで検索にかけたら入ってる!飛び跳ねて喜んだら有料レンタル・・・。しかし432円と店頭レンタルより安くdポイントで払えることを知り家族の承認を得てパソコンで視聴。泣いて、涙を拭った後には迷いがひとつ消えている。それでも見終わった後は普通の夏の夕方を過ごすのであった。

なんというか、動員数から考えてメガヒット映画なのは間違いないんだけど、どう考えても俺から見ると内輪ネタのシーンに外から「こうだと思った」って感想が色々と付いていて、しかしそれらは「マンネリだった」とか「つまんなかった」よりは遥かに高評価なわけだから、誰かを取り巻く意味不明の事象でもそれをスパイスとして取り入れながら染まりきらずにネタとして消化しつつ物語の筋金はしっかりしていて。

ああ、色々と上手い人の仕事ってのは凄いもんだなと。

月初の楽しみのひとつにベクターから作品の明細が届くんだけど、麻雀ベーシック「大三元」のダウンロード数が8000本を超えた。サラリーマンしながら副業で稼ぐことを企んでいた時があって、その頃から会社の仕事以外にブログを書いてアプリを作っていたけど、結局それが働きすぎで本業に入れる力を削ぐことになり、なにやってんだか。

その昔にバイトしてたメディックス社のパソコンゲームは1本1万円で100本出れば黒字だと社長から聞いていた。そう、あの時作ったゲームのタイトルにも「君の名は」てのがあった。100本でも小売店に押し付ける能力が凄いよ。麻雀ベーシックは8000本でも無料だからな。

いやほんと毎日カプエス2遊んでスコア上がってるの喜んでる場合じゃなくて、個人制作でも1万本にリーチ出来ると分かれば商品企画をまた考えないとね。100万円くらいの売上なら雇われプログラマーでも良いやってなるけど、麻雀でも単価1000円で1万本出る見込みがあったら話は大きく変わるよね。