ファミリーベーシック欲しかったぜマジで

小学校の時に親にねだって買ってもらえなかったファミリーベーシック。今はヤフオクで3000円くらいで売られているファミリーベーシック。メモリは4キロバイト

ベーシックなんて死んだ言語で、今ならウインドウズでVisualBasicがあるじゃないかと。VBで自作したシューティングは約1メガバイト。星空やボスがでかいのよ。俺、本当に親にもしファミべ買ってもらえてたら今頃どうなんだろうと想像して、なら4キロバイト縛りでプログラム組んでみっか。

ネットでちょっとアレなサイトからファミリーベーシックのスプライト画像をダウンロードしてきて、Javaで作ってみた・・・既に4キロバイト

f:id:karmen:20170827165504p:plain

ハードディスクはあと20ギガバイトくらい掃除して空けたんですよ。

さあ、4キロで太刀打ちできる系のミニマミスト的スーパープログラマーでは無いことが分かったんだけど、アルバイト時代に先輩とよくケンカしたなぁ。俺はアメリカ製の3Dがグリグリ動くゲームを目指していて、でも先輩はそういうマッシブなのには反対で、古いパソコンでもみんな遊べるゲームが良いゲームだって感じだったな。

憧れだったなファミべ。だけど今更買ってどう出来るものでもない。Javaゲームエンジンでも作って遊ぼうか。エディタはmiコンパイルは高速解像度は10倍。だけどゲーム以外の色々のものが入っているせいで時々モッサリして不便を感じるこのMacBook。値段もファミべの10倍したんだよな。

「ゲーム作るなんて絵を描くだけだろ?」その昔に爺さんのエンジニアに言われれたが、多分あの人達は4キロバイトくらいのプログラムを空気みたいなものだと勘違いしていて、普通のアクションゲームのマリオが走ってハシゴを昇ってジャンプするくらいのスプライトエンジンでも、暇人が休日をつぶしてやるにはひと仕事なんだよ。

さあ、何から取り掛かろうかなと頭のなかで順序を組み替えるこの時間が楽しいぜ。


ファミリーベーシックJava

晩飯に酒を飲んでから酔いが冷める夜中までかかってマリオ動くところまで。

画面ストレッチとか無駄なこといっぱいやったようで、そういう足回りは何にでも使えるからなぁ。だけど、なんだろう。休みの日に趣味でやるには楽しいが仕事にするとなると競争に勝つ必要があって、競争相手はドコを見ても手強いなぁと。

「お前ら、そんなに一生懸命作るなよ」と言いそうになる。

a-choのHIRO-KがポチョムキンでGGXを遊んでいる時にこっちがソルで乱入してぶっきら下HSガンフレからの浮かせコンボで倒したら「カーメン、こんなクソゲーやりこんじゃだめだってー!」と言って拗ねてたなぁ。こっちのせいにされても・・・と当時は思ったが、それが敗北宣言だと分かるようになったな。