今日のソニックウイングス(デジコン逝ってヨシ)

せっかくXBOX360PS2も持っているのに何故俺はソニックウイングスをやる?

と思って3DSスターフォックス64を久々に遊んでみると3面で死んだ。キャー!ハズカシス!もっかいやって5面まで行った。俺このゲーム買って初見でクリアできたんだぞ6年前に。記録が残ってた。これは何というか多分だけど33歳と39歳の差。

昔にテレビでやってた視力が回復するという目の体操をした。人差し指を立ててその先を見つめた状態で指を前後に動かす。テレビでやっていた当時は難なく指をじっと見たまま前後に動かして「コレが体操になんの?」と不思議だったが今やってみると指を近づけたり遠ざけたりするたびに景色が二重になって酔ったり指が2本に見えたりする。

横で見ていた親父が「お前ももう40歳だろ?」「まだもうちょっと39やけどな」「野球選手でも引退する年やぞ?王貞治は39歳で引退したんや」と話して。

そんで自分の部屋に戻ってソニックウイングスをしてみると・・・

イギリス面の安地合わせミスって2面で死亡。気を取り直して2回目は6面道中で。

スターフォックスはアナログパッドなので押し込みの強さで強弱があるがソニックウイングスはデジコンなのでオンとオフしか無く、オンに一瞬だけ押し込んですぐに離して自機をほんの少しだけ動かすという技術がいる。それら全て若い頃は感覚で出来ていたものだが「このUSBパッドはこの辺がオンやな」という感触を確かめながら、感覚ではなく思考でもって動かしている。だから反射神経でなく、パターンを覚えて予知している動きに対して正確にボタンを押せるかどうかという勝負。

まあ、6面でも子供の頃よりかは進めてる。けど最盛期は多分過ぎてるんだろな。何歳まで遊べるのか、最近は自分の劣化にガックリは来ないで無料でゲームがハードモードにアップデートされたようなもんだと思ってる。