スターフォックス64に対戦機能が付いてんだけど!

持っているゲームを全部ひっくり返してまた遊べるゲームを探すの巻。

買って数回遊んで飽きて放っていた3DSスターフォックス64がまた面白い。

ストーリーモードの他に「バトル」と「スコアアタック」があって、バトルは対戦なんだけどコンピュータ相手にひとりで遊ぶことも出来ることが分かった。

スターフォックスというと操作系統はフライトシミュレータ系なんだけど、基本的にストーリでは開始位置からボスまでの直線軌道のスクロールの中で画面の中を動くだけ。それが3面のスターウルフ戦などではフライトシミュレータ系に近く、自由に飛び回ってドッグファイトが出来る。でも3面だけだよなと思っていたら「バトル」もバッチリフライトシミュレータ系ですよ。

よりマイナなものに例えるとかえってわからないと思うけど、XBOXクリムゾンスカイマルチプレイ3DSスターフォックスでも遊べるという感じ。

f:id:karmen:20171105172633j:plain

f:id:karmen:20171105172650j:plain

そして勝利!

3回遊んだ。

コレ短い時間で遊べて格ゲーみたく勝ち負けあって好きだわ。

ひとり用はね、俺のスコアは最高で700くらいなんだけど2000以上を叩き出すプレイヤーがネットに動画あげてて、目指す高みとしてゲーメストに載っているゲーセンゲームのスコアやウメハラなどのプロゲーマーでなく、どんなゲームでも目標を持って臨めば面白くなるのかもな。

まあ、目指す相手がいるってのは良いもんですよ。離れた知らない人だとしても。

フライトシミュレータ系のゲームは先ずパイロットウイングスのように飛行機を自在にコントローラで操る時点で難しくて、エースコンバットでも自在に動けたら後は「おつかい」的に攻撃命令が出た標的を撃っていくと何となく進んでクリアしちゃうってのが多い印象なんよね。ただ、エースコンバットでも難易度上げて遊ぶってことしたことなくて、上げるとどうなんの?って最近気になってる。

ただ、ドッグファイトってプロペラ機の時代のものでジェット機になってからのホンマの空中戦って障害物も何もなくて情報はレーダーだけで弾が当たることもレアケースだと思ってるのね。だからエースコンバットドッグファイトがつまんなくて時代を巻き戻したクリムゾンスカイがウソ物理で低速飛行を作ることでゲーム的な面白さを増してるのは「練られているな」と思った。

スターフォックスはフライトシミュ系の上手い下手というよりグラディウスR-TYPEみたいな障害物のある横シューを3Dの奥向き進行にしたようなゲームだからXBOXクリムゾンスカイみたく本当にフライトシミュ系の操作での空中戦がオマケとは言え出来るってのは嬉しいよ。

SF世界だからアーウィンが低速で浮いてても不思議じゃないのが絶妙。