フォルツァ2の面白さが分かってきたぞ!

XBOX360の本体を買った時おまけで付いてきたForza2の楽しさが今頃分かってきた。

フォルツァはイタリア語で「頑張れ!」てな感じらしい。何の変哲もないレースゲームという印象だが、一見ヒネリのない印象とは裏腹にドライブシミュレータとしての完成度は異様に高いらしい。縦列駐車や狭路でのすれ違いが苦手なゴールド免許の俺であるがレースゲームは得意を自負していたのにフォルツァ2では思うように勝てない。

おかしい。何でだ?と思っていると今までのレースゲームがデジタルの粗い分解能によってレースの全てがスイッチのオンオフに集約されていたのに対して、フォルツァ2ではハンドルもアクセルもブレーキもアナログで、動摩擦係数くらいしか登場しない簡単なゲーム物理ではなく複雑なシミュレーションで車が走っているので、車に詳しくないとどうして曲がりきれないのかが分からない。

そして、クルマのランクがあって、当初はしょぼいレースを何度もやって高い車に買い替える育てゲーなのかなと思っていたが、ライバルのクルマは自分の車と同じランクから選ばれるので、どちらかというとテクのいるレーシングカーより公道を走れるようなスポーツカーで戦うほうが俺の場合は腕が近くて良いことが分かってきた。

f:id:karmen:20171109181938j:plain

今日ゲットしたアキュラインテグラ。カッコイイ!

俺の親父は車オタクで家業の文房具屋は継がなくていいけど、クルマ知識は継いでほしいようだ。余生はケーブルテレビでモータースポーツを楽しんでおられるので、俺も実車はともかくゲームオタならクルマゲームくらいは詳しくなっておこうかと。

まあ、ゲーム物理よりは複雑だけど速度が乗ってコーナーに入るとタイヤのグリップが効かないで慣性のまま車体が引っ張られてイメージ通りに動かないのは何となく分かって、ちゃんと曲がりきれる速度までブレーキを踏んでドリフトなど危ないことはせず、それで充分に首位を狙えることは分かってきた。

多少荒っぽくとも一度でもトップになると、相手の方が上手くてもぶつからずに抜くためには大回りを取って抜かないと行けないわけだから、最短距離のライン取りが正確だと多少の腕の差を吸収できるので、慎重に走れば1位をキープできる。

ゲームだし越せるようには出来ていると言ってしまうと身も蓋もないが、そんなもん。