今日のエースコンバット6(どうにか2面をクリア)

チュートリアルを飛ばして1面をクリアしていたので、朝からチュートリアルをちゃんと受けてヨーと急旋回と水平姿勢を覚えた。そして武器や離着陸に無線など、このへん覚えないでとりあえず1面を始めることが出来る所が俺は好きだ。チュートリアルで詰まったりしたら苦行だからな。しかしまあ、よくこれらの操作も覚えずに生きて帰ってきたもんだと。(5回くらい死んだけど)

そして休憩をはさみながら2面に挑戦して、テレビなども合間に見ていたけど気付いたら午後5時過ぎ。これはやり応えのあるゲームやで。

3面の司令を見ると「ああ、PS2エースコンバットでもこういう作戦に参加したことあるかもナー」と思い出した。なにせ10年以上前だ。しかも部屋を片付ける時に中古に売ってしまったものだから、近頃になってもう一度遊びたいと思ったが売ったものを高く買い直すのも抵抗があって。だからいっそ6。

正直XBOX無印からXBOX360に買い替えた時は無駄な買い物をしたという気持ちがあったのだけど、エースコンバット6で買ってよかったと心から思った。それまでは「ちょっと画面が綺麗になったくらいのことじゃねーの」思っていたが、空の見通しは解像度が上がれば露骨にあからさまに見通しが良くなるので、これは値打ちあるしPS4もそれはそれで値打ちがあるんだろうと思うようになった。

3DS買った時もDSとPSPの後だったので最初は周りの買い替えに合わせて無駄だなー思ってたけど、いつの間にか慣れてからDSには戻れなくなっていたんだよな。古い話をほじくり返すと俺がPS2買って「面白えー!」言ってると、そん時の周りのやつは「プレステで充分やで」言ってたな。これは俺の感覚の違いというよりかは付き合う仲間のゲームへのがっつき加減の温度差と、あと持ってる小遣いの差だろう。

鉄道模型という趣味はゲージのアルファベットがひとつ違うだけで全く別の趣味と言っていいとかものの本で読んだことあるけど、ゲームもゲーム機の世代がひとつ違うだけで別の趣味だわな。PS4でもアケアカで遊んでたらそれはネオジオみたいな趣味で。

こうしてブログは習慣として付けてるけど、エースコンバット6は趣味として合う人が見つからなくてもひとりで充分満足して完結しているし、ナムコがこのゲームを作ってくれたこととか航空自衛隊も協力してることで、何となくだけど社会参加している気分になれるからそれでいいや。