大した意味はないけれど積み重ねること

朝から気力がなくネットで「やる気の出ない時にすべきこと」などと検索してみてうつ病になりかけか、そうでないなら休養を取ること、入浴や運動でリフレッシュ、日光を浴びるなど色々なことが書いてあったのでとりあえず朝風呂に入って入浴と日光浴を同時にしてみた。なかなか効き目があった。

その続きに、生活に多少のプレッシャーを与えること、何かに打ち込んでも思い通りの結果になることを期待しすぎないことで燃え尽き症候群みたいなことになりにくいストレス耐性が身に付くんだとか。

何をするにしても先回りして「それが出来るとどうなる」を意識してすることが大切だと言うけれど、大した意味のないことでも打ち込むことで得られる小さな発見の積み重ねがやらなかった人と比べると大きな差になっていたということもある。努力すると望んだ結果が必ず得られるとは約束できないが、日々何かに打ち込んで積み重ねることが望んだ結果にならなくても、手元に確かな経験が残る。

まあ、最近ちょっと疲れてるんだろうなって思うことが多くて。若い頃にあんなに頑張れたのは何故だろうとか考えてみるのよ。例えば賞金なんて出なくてもゲーム大会を目標に頑張れたけど、それって最後に雑誌に載ることが夢で50万部出ているファミ通にカラー広告を打つと100万円くらい広告代理店に取られるらしいのね。そうすると実質は雑誌で打たれた大会に出て優勝するのって今にすると「インスタ100万イイね」くらいの価値はあるんだよな。

そういう一攫千金みたいのを夢見るのではなく、地道に働いてカネ貯めて100万円なり50万円なり使って雑誌に自分の顔写真のアップを載せたいかというと、ちょっとためらうけど、店とか持っていると「雑誌にお店を載せませんか」とか持ちかけられて50万円とか出してしまうケースは耳にしたことがある。

50万部とか言わずテレビや新聞やネットニュースなら、そのリーチ力はさらに大きいので自分でブログ書いてきたのは書き続けることでリーチ力を上げられると信じていたからなんだよね。それはまだ望んだ形になったわけではないけど、あきらめずに書いていこう。