お正月の三日目

ブログとツイッターでは元旦に新年の挨拶をしたものの、SNSを色々とやっているとビールにおせちにカニ寄せ鍋とやっている間にすっかり忘れていた世界があって。二日になってから挨拶というのは何とも気持ちが悪いなと。

子供の頃はおばあちゃんが「ゲン」を気にして靴を下ろすのは大安が良いとか、お客さんに羊羹を切って出すのに三切れは「身が切れる」だからダメとか、戦国時代じゃあるまいし、どうやって身が切れるんだと思ったものですが、まあ昨年は宮司さんが身を切られたりしたので、おばあちゃんごめんなさい、気をつけます。

何というかね、ゲンを担げばミラクルが起きるわでなく、物事は上手く行ったり行かなかったりするものですけど、どっちでもない平坦な生活の中でちょっと気持ちいい時ってあるじゃないですか。ゲンを担ぐってのは、そういう何気ない気持ちよさを維持するおまじないみたいな効果はありますね。

コンビニ飯ばっか食ってたら親父がきなこ餅を作って出してくれたり、ライターのオイルが切れているのを振ってどうにか小さく火がつくのでタバコ吸ってたのを満タンにしてみるとブオッと良く萌えて気持ちよかったり。

前にジッポに給油したの12月16日だから2週間持ったのね。まだ綿にどのくらい染みたら満タンなのか分かっていないので「こぼすよりは」と控えめに給油してんのよ。タバコ1日1箱でも1ヶ月くらい持つらしいから、給油が足りないのか親父も使うから倍減ってんのか。

今日は関西では10チャンネルである読売系で素人の「のど自慢」がありますね。歌唱王だったっけか。番宣で聴いてたら、上手い人いますね。芸能人となると見かけと歌と人脈など色々と揃った人が歌っているので、そうでなく一般審査で歌がやたら上手い人を連れてきているわけだから、本職より上手いと思える人もいるんじゃないかな。役者として歌に感情移入している歌手と「これホンマに俺のための歌や!」思い込んでいる人との熱量の差みたいのもあるとは思うんですけど。

こういう、コメンテーター的なこと言ってみたい年頃なの。