格ゲーをヒューマニスティックに

プロゲーマーに対して直接給料を出しているわけでもないのに「カネもらってんだから」とサディスティックなクレームを出す野次馬ってのを結構見かけます。

会社員でもイマドキ上司の命令がきつすぎるのはパワハラとして守られている部分がありますが、会社内ではなくテレビなんかに出る有名人は視聴者全てにお客さん目線を持たれて辛いだろうなと思うのですが、俺が格闘ゲームをプレイヤーとして頑張っていた頃は、どちらかというと敵であれ味方であれゲームをする者同士、苦労が分かって甘かったという部分を今になって振り返るわけです。

まあ、競馬にしても馬券勝った人がヒートアップしてるのは分かるんですよ。100円であっても。俺はなんばの競馬場が改装される前に一度行ったことがあって、あれはひどいもんです。勝馬投票券を持って払戻金を貰いに行く人の列がいつ暴徒化した他の負けた人に襲われないかと思うくらい、社会のダークな部分を見てきた気持ちでした。券売機がおばちゃんから自動販売機になると、今度はとにかく人がマークシートを書き込んでいるとチラチラ覗き込みに来る人も居て「いや俺だって当たるかどうか分からんよ?」と思いながらも、不思議と覗かれたら隠したくなって。そうするとまた角度を変えてチラチラと。いや普通に3連複を流し買いしてるだけなんですけど。

それで何だっけか、そうだ格闘ゲームだ。カプエス2のPグルーヴですよね。先に書いたように、俺はプレイヤーサイドに立っていながらそれで生計を立てていたわけではないので高校生であったりフリーターであったり専門学校生であったり会社員であったりと、世を忍ぶ仮の姿は年齢とともに変わっていったわけですが、特にフリーター時代なんてのはバイトがゲーセンバイトで掃除や集金以外はゲームを観戦してオフの時間は練習に全て当てていましたよね。スポンサー付きのプロゲーマーは1日10時間練習しているとかテレビで見ましたが、それで見えてくる限界みたいなものがあるんですよ。

ベン・ジョンソンがオリンピックで勝っていた時にスタートの見切りが異常に早くて、その時に審議委員が常人を集めて人間の反射神経を測定して0.13秒が限界であり、ピストルからそれより速いスタートはスターターのクセを読んでいるか見切り発車のフライングとして扱うってルールを作ったんですね。

これを軸に当時いちばん勝っていたウメハラ選手の良く当たるバクチ昇竜拳は人のクセ読みか八百長のどちらかで神の昇竜ではないというのが持論で、バクチを警戒して自分の手癖を見直し、打たれるポイントで我慢してガードという選択肢を入れていくということで、神の昇竜を空振りさせるということを課題として取り組んでいたんですよ。

その意見は結構に浸透して、読み合い重視のプレイヤーよりロジカルに「人間にはここまでしかできない」という天井を想定した攻め方と守り方を研究して、もう出来ないものは出来ないとして出来ることだけ練習するという方式が固まっていたんですよね。

しかし、近頃の格闘ゲームスポーツ化に伴って、カネもらっているんだからもっとやれという風潮は今に始まったことではなく、カプエス2の全国大会でも「何でもブロッキングしたらPが最強!Pが優勝じゃないなんてやりこみ足りないだけ」という野次馬はいたんですよ。

当時は見切りの限界0.13秒を提言していたので「いくら極めようと接近して出される立ちパンチ攻撃(立ちブロッキングのみ可能)としゃがみキック攻撃(下段ブロッキングのみ可能)を全て見切ることは出来ず、Kグルーヴのしゃがみジャストディフェンスならブロッキングのような中下段限定の技でも両方ディフェンス可能なので、人がやるという前提の元ではジャストディフェンスのほうが簡単でゲージ効率も良いから、甘える意味でPとKならKのほうが極まりやすくてラクという見解でプレイヤーが団結して、ストIIIプレイヤーもK派閥になっていったんですよね。

しかし、ジャストディフェンスは確かに簡単なのですが、ブロッキングはガード硬直が無い上にされた側に時間停止があって、反撃の糸口としてはブロッキングが勝るので、成功時のメリットだけで言うとPグルーヴに利はあるんですよ。

そうするとやはりPの極まった試合というか、ブロッキングが勝っている試合を見ないと満足できない野次馬というのは無くならず「ジャストは甘え」みたいな野次が飛んで来るんですよね。もう会社員しながらなんだから許してよ、と弱音は吐けず「人間の反応速度には限界があってPよりKのが強いんだよ!」と虚勢を張って凄んでしまったんですよね。ここは俺個人の失言なんですけど。

それにカチンと来たのか、みんなの知っているプロプレイヤーで無いかもだけど、Pグルーヴで勝つまでやらされている競走馬みたいなプレイヤーがいて、その生活を見ると四畳半の和室にテレビとプレステ2とカプエス2だけの部屋で生活していて、ずっとトレーニングモードで相手に技を出させてブロッキングをする練習だけをさせられているんですよ。何度か、俺の家にも遊びに来てくれて対戦したことがあるんですけど、ブロッキングばっかり狙ってですね、それでかなりのレベルまでブロッキングの精度は上がってるとこまでは知ってるんです。

でも、その仮想敵が俺で良いのかと。誰が彼にそこまでさせたと。色々と考えながらも俺も負けたくないのでそこまでの練習ではないものの家でプレステ2でカプエス2を3年くらいそれだけにしてやりましたよ。

それでお正月の催しとして、獣道というウメハラの番組をネット放送で見たんですけど、兄ケンの昇竜もこたか商店のガイルの前で空振るし、弟子犬のケンといえでヌキ春麗の鳳翼扇を全段ブロッキングはしないんですよね。当たり前ですよ。昇竜拳にはガードしてんだし、鳳翼扇は中足払いからコンボになる時しか出さないんだから。

俺はどちらも見事な試合だと思って見ていたんですけど「何だよ神の昇竜じゃないのかよ」とか「全段ブロッキング見れないのかよ」という意見はもう「そろそろそこらへんが限界なんじゃないのかな?」という白タオルを投げたい側の気持ちがあるんですね。

やりこみの問題じゃなくて、視聴者が求めているものとのTPOの問題じゃないかなと。