今日のダイソーおつまみ

バターピーナツ、チーズ鱈、チップスターオニオンサワークリーム味で324円

お酒はクリアアサヒ6缶、ストロングゼロダブルレモン2缶、氷結梅で996円

10年くらい前にもはてなダイアリーで公開家計簿を付けていたが、ゲームソフトとマジックザギャザリングなど趣味に使う額が異様に高くて食費などは家計簿で管理するまでもなく暗算で切り詰めていた。遊ぶこととお金のことしか考えていなかった。

しかしお金のことでもドラクエ的に考えると宿代と装備代だけ考えていればよいが、エイジオブエンパイアで金塊だけをたくさん持って木材、食料、石、鉄などが揃っていないと戦えないわけだから、拝金主義的にお金がいっぱいあったら何でも買えるからお金を稼ぐことだけ考えていれば良いというのは短絡的。

確かに近代社会での貨幣の意味は石斧や弓矢で戦う時代の金塊とは違ってモノの価値の絶対指数のように表されているが、それは労働者階級から購買以外での生活能力を奪って馬車馬にしてしまうための罠のようなものである。

それを悟ったところで滅多なことでは抜け出せないように思えてしまう監視社会。そのために働いて給料をもらいそこから買い物で物品を賄うのが普通で商売などで儲けることは悪いことであるというような価値観すら浸透していることが恐ろしい。

しかし、そのルールを庶民が守ってさえいれば生活を保証するのが国の責任であり、国に責任を預けて目の前の仕事のことだけを考えて生活できるというのは幸福のひとつの在り方でもある。この結界はいつまで持ちこたえるのだろうか。