指が動いて音感がある

それだけでピアノが弾けるんじゃないかと想像してたけど、リズムとかもいるしパソコンのタッチタイプの動きが出来ても伴奏と旋律に分けて左手と右手を動かすとまだまだ指が釣られたりしてピアノは簡単には弾けないなぁ。古い電子ピアノで強弱もないし。

なんでそんなことを今更になってやっているかと言うと、もともとゲームを自作することを考えて、絵とプログラムは出来るけど音楽は分かんなくて、ウインドウズからマックに変えた時にマックに付いているソフトで作曲が出来てしまって、それがそこそこ聞けるから買いかぶる人がいてそれはそれで困るし、裏方に別の人がいるのではと勘ぐられても困るし「マック買ってやってみろ!」と言っても10万円おごるわけにもいかないし、買ったからと言ってみんなが出来るわけでも無いかも知れない。

新しいものを持ったがゆえに自分のイメージが必要以上に高められて、それ無しだとただのボロいパーカーを着た兄ちゃんなんだけど、マックを持つ以前にウインドウズのプログラマーとして働いた10年もマックでブーストされたことによって下駄だったのではと勘ぐられて低められるのもそれはそれで困るので、ギターでも練習してみたり。

近頃ようやくマックで高められた下駄の分に自分の実力が追い付いて着地出来たかなと。まあフタを開けてみると良くある話のひとつ。

どちらかというとテレビ局の作る芸能人像がイタズラのカタマリみたいなもので、自分もちょっとした手品をしたらてんやわんやに思った以上のことが起こったという。すぐに笑って許されると思っていたら事がおさまるのに5年10年かかったんですよね。

気付けば40歳になっているわけでほんまマックブックプロは俺にとって玉手箱やで。