今日の独白

X-JAPANYOSHIKIさんがテレビの「世界に誇れる日本人ベスト10」に入っていて、まあX-JAPANというとYOSHIKIさん。ボーカルがTOSHIさん。ギターまで知ってたらちょっと詳しい人だよね。

8年やったギターを片付けて最近はキーボードとマックブックプロだけが楽器なんですよ。なんとなくパソコンに音楽鍵盤がつながっていると、いかにも作編曲してそうでプロデューサみたいな雰囲気なんですが、実際に鍵盤で演奏することは稀なので、打ち込みようという意味ではなく音取り用に普通の小さな電子ピアノを置いて、マウスってかトラックパッドで作業するわけです。

んじゃギターは何のためにあったのかって話なんですけど、パソコン作曲ってどうしても裏方で岡崎体育が出てくるまではカメラに映らない人だったんですよね。いやべつにBGM鳴らして立って歌えば良いんですけど、なんかギター持ってるほうがフォトジェニックかなと思って小道具的に使ってたんですよ。

だけど、それで動画が回ってカウンターが増えてもモテモテになったわけでなくてネットに名前晒したせいで家探されて家の周りの溝にコンビニ飯のゴミが捨てられまくったり、道路挟んだ向こう隣の店の壁際に暇そうな人が座り込んで窓から漏れる音を待っていたり、まあロクな事にはならなかったんですよ。

それでも、楽器できなくて打ち込みやってるってのは何か後ろ暗いのでギターの稽古を後から始めたんですよ。3年くらいやってからバンドのオーディションに出てみたり、パソコンオケでなく弾き語り自撮りをやって。練習すると上手くなる下手な間は楽しい。

それが、そこそこ弾けるようになると壁にぶち当たるんですよね。そんで自分はメロコアバンドの3曲目辺りに入ってそうな曲ではなく普通の歌手のABサビABサビ(ギターソロ)Cサビみたいに使われるギターソロがカッコイイと思うけど弾けなくて。普通に2回目のABで鳴ってるバッキングギターばっかりやってたんですよ。楽しかったんですよ。

いや片付けるに至ったのは、別にギターとか弾けなくてもお前充分にすごいやつじゃね?ってかむしろ、そこ隠したほうが格好良く見えるんじゃね?って諭されて。

そして言われるままに片付けてから、なんか時間がいっぱい帰ってきたような感覚で、音楽以外のことを色々と出来るようになったんです。

そんで、ギター持って映っている俺って実物を知っている人でなくネットで動画だけ見ている人からどう映ってるんだろうなって、TOKIOの謝罪会見をピーナツ食ってカプチーノ飲みながら考えてたんですよ。

だけど、例えばどうにかして君の中入っていってYEAH!その目から僕を覗いたら色んなことちょっとは分かるかもーって歌いたくなるほど人から自分がどう見えてるかって俺には分からないものなんですよね。

まあ、何ていうかファイナルファンタジー買って誰がどんなキャラか分かる前にサンダー唱えたらそいつは何となく後列に移動させてしまうように、ギター出来てもそれを披露したら、そこを起点にギター専属みたいに見えちゃうのかもな。

そんで多分デートしたらギターが弾けるけど話は相づちしか打たない人より音楽雑誌で読んだマサ伊藤の文章を口からペラペラ吐く人のほうが物知りに思えてモテるかもしれない。

ユピキタス社会になって、音楽雑誌なんてバンド名さえ分かればあとは動画検索で実物聴けちゃう世の中だから能弁なんて不要って思うかもだけど、思い返せばギターが上手くなる前にバンドの打ち上げとかでBURRN!に書いてそうなことペラペラしゃべってるとバンドの人より目立ってしまったみたいな記憶がある。

まあ、ギター弾けるってDEX振りだからな。INT振りのほうが好きな人がいるのも分かる。DEX振りが好きな人とたまたまマッチングできなかっただけの話ではあるけど。