今日のカプエス2(Aダルシム・ガイル・ケン)

テレビでいま丁度アニーをやっているので明日のカプエス2にしたい。

後ろ向きに過去を振り返ると会社員てのはだいたい悪い商売のからくりの傘の中にいるので守秘義務があって、バラしても会社はウソをついて口裏を合わせてバラした人を尻尾切りするものなので、証拠を取って出版社に持ち込むなどしないとネットで書いても到底信じてもらえるものではない。

だから会社で俺のことを知っている人というのは谷六勤務時代だとロックの掛かった開発部の8名だけでありサポセンの人や事務方の人や営業職など200名を擁する会社でも互いのことは本当に断片的にしか知らないもの。俺が付き合いが悪いせいもあるが。

そのうっぷんを晴らすためにオフィス街のそばには繁華街があって会社帰りに飲む打つ買うが出来るようになっているのだが、俺の場合は「打つ」がセコくてパチンコや麻雀ではなくゲーセンのゲームだった。

ゲーセンに行くと学生時代から顔見知りの格闘ゲーム仲間がいる。暗い系の高校生、フリータ時代、明るくなった専門学校時代などを通して知っているのはゲーセン仲間くらいのものだが、彼らとはゲームをする以上の付き合いとしてはゲーム談義だけなので、食事に一緒に行って学校や仕事の話をするなんてことは思い出しても数えるほど。

フリーター時代などはガチゲーマーだったのに対して、サラリーマン時代は千円ワンセットとかで雑誌に載ってるゲーマーを物量作戦でやっつけてドヤっていたので、そのイメージだけを持っている人からするとクソ野郎なわけで。

だけど、いまさらそのことを振り返って何かを悔やむよりはネットに情報発信して誰かの目にとまるのであれば、何もプロゲーマーになってウェブ出版で有名にしてもらわなくとも、新しい仲間を見つける手立てはあるかもしれない。

そういうわけでAダルシム・ガイル・ケンのストIIオリコンチームでひとり用。プレステで遊ぶのはお金がかからなくて個人的には良いんだけど、ゲーセンはそれでお金が多少なりとも儲かるから遊び相手を買う人がいるわけで、孤独に耐えきれずネットにブログを書くわけです。そういう意味で人間的にとても弱くなったんですよね。

個人事業主になってからは自分が使うお金を逆算して丁度使う分だけ働いてもらってくるサイクルに入っていたので、貯金が増えなかったんですけど、ある時からミュージシャンへの転職を夢見て道具や雑誌を買い揃えてそういう暇人の趣味音楽家の友達がちょっとできたけど、その筋は音楽家と夜の商売の近いところにいて、コソコソやってて詮索されたくないから距離を取り合う関係になって、そこまで親しく出来たわけでもなく。

40歳で暇してる、カネのかかる趣味は付き合えない、となると自然に付き合える人が見つからなくて。何か商売やってて買ってくれるお客さんが友達みたいな人も多いですからね。カプエス2やってるって言うだけで「友達なったるからPS4とストV買えや」みたいな雰囲気になるとそんだけのために4万も5万も勿体無いってなっちゃう。

3DSストIVなら、持ってるしネット対戦も結構やったんですけどね。同じゲームでもネット対戦ついてる新機種に乗り換えて〜みたいな話も何度も付き合って何だかんだ付き合いきれなくなった経験あるからなぁ。

俺が部屋の掃除をサボっているから俺んち集合の会は解散しちまったし、俺自身が対戦よりひとり用で研究するの好きだから、仕上がってないお試しキャラにプロ志望のガチ系の人を昔のよしみで付き合わせるのも何か悪い、もっと趣味的な人いないかなと。