めっちゃ久しぶりに漫画雑誌を買った

今日は朝六時からコンビニでヤングジャンプと特選肉まんを買って読んで食った。

100均ダイソーでビタミンミックスサプリ2袋とウェットティッシュに甘グリ購入。

薬局キリン堂カップラーメン(皿うどん、とんこつラーメン、担々麺)と無調整豆乳。

スーパーでボトルアイスコーヒーと6Pチーズ購入。

あと福祉施設の物販でココアせんべいを購入。

昼食に担々麺、おやつに甘グリを食べてコーヒーを豆乳で割って飲む。

ウェットティッシュで机とパソコンとテレビをフキフキして掃除した以外何もせず。漫画読んでテレビ見て。ゲームもしない。庭で軽い運動。何もしないでいるとだんだんと体にエネルギーが回っていろいろの疲れが取れてきた感じがする。

ギルティギアをやりたいが何となく気が乗らない。ゲーセンで対戦ばかりしていると同じキャラの組み合わせで連戦するのと相手が人間なのもあって、濃密な体験に感じていたが、新しいゲームでその濃ゆさに到達しようとするとあんまり興味のないエディ対ブリジットとかも挟まるのが若いお兄ちゃんはビッグマックの真ん中のパンとレタスが邪魔でダブルチーズバーガーを選ぶ理屈と似ている。

てか、今日の余興は漫画雑誌で充分。漫画を買う金が何となく惜しいけどゲームは買うというのは俺の趣味の問題だが世間的には単価300円の漫画本と定価5000円以上のゲームソフトでは漫画本の方が買いやすいというのも分かるが、子供の頃から漫画本単行本で全巻揃えると軽く1万超えるからゲームの方が技術的に新しいもので安いと考えてた。

まあ、漫画の好きな奴はジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオン全部買って飛び飛びの話で付いていけないが高校の漫研以外の友達はロッカー使ってヤンマガやスピリッツを回してくれてそっちの話は付いていけた。人が付いていけない話をして輪から既に外されているのに高校の時に察知できていればな。回してもらえないけど中学からの仲間。そう一方的に思っていただけかもしれない。俺は漫研だったが洋楽中心の軽音部でミスチルを一緒に聞いてくれたやつもいる。鈍感だったとも思えないが小学校から私学に中学から高校に付き合う相手が変わるのが寂しかった。

いっちねんせーになったーらーともだち100人でっきるかなー

と言う感覚を高校まで持って正しい進路選択が出来てなかったんだな。裏切りもある世の中をどう生きていくか、そんな知見をまだ備えていない。裏切るためには味方のふりをする、宣戦布告してから正面衝突で解決できるほど単純ではないのだよな。