今日のカプエス2(キムで小足立ち小K鳳凰脚の練習)

長らくトレモをせずにコンピュータ戦で練習していた。

実践感覚を無くさないように、毎日1回か2回30分くらいのウォーミング。

今日は休日なのもあって「新婚さんいらっしゃい!」や「アタック25」を見ていたが、ふとキムのコンボに納得がいっていなくて練習を始めた。

リュウの小足払い2回真空波動拳やコパコパ中足真空波動拳サガットの小P肘肘中足レイドなど、持ちキャラにしていたキャラは実用的なコンボは全て実戦に組み込めるまで練習してから対戦に臨んでいたけど、キムはどうしても小足2回から立ち小K鳳凰脚がモノにならず、そのままでもキムを使う人は多いのだけど、なんか変な完璧主義があってコンボが全てモノにならないキムは使いたくないみたいな気持ちがあった。

近頃では全体的にゆるくなって、使いこなせないキャラでも平気で遊べて、キムも出来ることで充分勝てて面白いのだけど、なんかスイッチが入った。

10分やって1回出た。しゃがみ小キックもしくは小足払い略して小足はキャンセル可能なので小足から竜巻コマンドで小キックを押すと小足キャンセル半月斬になるのだが、必殺技キャンセル可能時間を過ぎても小足連打の連打キャンセル可能時間は続いていて、小足キャンセル半月斬にならない小足からの竜巻入力小キックは可能で、そこから小キックを離してしまうとボタン離し必殺技入力で立ち小キック出際キャンセル半月斬が出てしまうのだが、これは小キックボタン押しっぱなしで回避でき、小キックを押したままレバー入力を続けて中キックボタンでレベル2鳳凰脚を出す。

つまりレバー下小K斜め後ろ後ろ小Kを半月斬にならない程度遅く繋がる速さで小キック押しっぱなしヨガフレ中キック。

これだけのことなのだが、なかなか出来ない。しかし10分に1回出来るなら、毎日10分練習すればそのうちモノには成りそうな気がする。リュウのコンボとか1時間でも2時間でも平気でやっていたこともあるが、そこまで入れ込み過ぎて出来ても得られるものは少ない。右手の小キック連打の最後の小キック押しっぱなし中キックだけでも意識していればいつでも練習できそうだ。

稼働時はもっと大きな台のレバーで力技で立ち小キックを押してから手首と腕に力を入れて高速でガチャって鳳凰脚を入力できていた。しかし、その様は力で乱暴に台を揺すっているように傍から見えたらしく、せっかく凄いコンボを入れているのにゲーセンで台を通してみるのは数人、周りの他のゲームをやっている人からはレバガチャの音で乱暴で不器用と思われていたようだ。残念なことだが。

だから今は小振りな台のファイティングスティックミニで静音で精密に指と手首で入力する練習をしている。そうすると以前出来ていたことが出来なくてもどかしさがあるが、今日は10分やってみて1回は出来た。立ち小キックを押してから全部入れる方の方式では1回も出来なかった。だから新しい方式で確実に決められるまでやるか、そういう枝葉末節のコマンド技に拘らずゲームの全体像を捉えた戦略面を強化するか、そのへんが考えどころ。

コンボの精度が高くてもそこに持ち込むまでの駆け引きが下手だと、コンボの威力を中心に小技を当てに行く以外のダメージのとり方が上達しにくい。俺が中学の時にチャリンコガキだったゲーセン後輩の何人かは自分たちでスーパーコンボ無しルールで通常技での減らし合いで対戦しており、さらにブランカサガットは強パンチボタンを押しているだけなのでそれで勝ったからと言って評価はしない等の独自のガラパゴス進化を遂げていた。強いキャラで威力の高いコンボを練習して何でもありで勝ったは勝ったという感じではなく、純粋にゲーム中での格闘技を楽しんでいる。

コアコア鳳凰脚に毎日10分を費やすよりはバーチャファイターとかギルティギアも嗜んで、付き合いの幅を広げたほうが面白いかなとも思う。Tポイントの有効期限で何となく買ったファイナルファンタジーXIIが多分もうすぐ届くのでそれを始めるかもしれない。新世界樹の迷宮も鬱展開な終盤を見届けたい。テレビも見たい。漫画も読みたい。

それで、キムのコンボはまあ1週間くらいは取り組んでみて、精度が上がるならそのまま実戦投入して、コンピュータ戦の中で自然に組み込めるパターンのひとつにしよう。

今日が取り入れると決めて練習を始めた日なので覚書として記録しておく。