もはや発信する意味があるのかも怪しい今日のカプエス2

秋冬になったのでレストラン「サンナオト」のおやつタイムにモンブランを目当てに出かけたら「今日は団体さんが来てケーキセット売り切れです」と。「プリンだったらありますよ」(プリンは今日プッチンプリン食ったんだよ)「プリンも良いんですけど・・・ホットケーキやったらありますか?」「コーヒーと合わせて700円です」「じゃあそれで」

出てきたホットケーキはハチミツと生クリームとアイスクリームと「なんたらシュガー」でトッピングされた見事なインスタ映えだったが撮り忘れた。おいしかった。

ヤンジャン取り始めて4週目。ドロ刑だけ読んであとは暇な時に読もうと積んでおく。たとえば散髪屋に入って古めの漫画雑誌を夢中で読んでいたことなんかはあるし、ゲーセンで対戦に明け暮れていたときもマンガを取る習慣が無かったので友だちの部屋で置いてあるマンガを夢中で読むとかいうこともあった。だから実は俺はゲームするよりマンガ読みたいんじゃね?と思ってみたが、4週間つまり1ヶ月分取ってみるとまたマンガにも飽きてカプエス2熱が上がってきたのである。

今日のチームはC春麗・ガイル・ギース。

春麗のゲージMAXコンボ「コパコパしゃがみ中パンチLV2鳳翼逆キャン大百裂2発止小パン中パンLV1鳳翼ハイジャンプキャンセルジャンプターケットコンボ」てのな。百裂の後の小中鳳翼を大パン鳳翼にして波動入力大パンチもう1回波動小キックで簡単化出来るんだが小中のほうが威力が低くてヒット数が増えるから、GP稼ぎのためになんか無駄に高難度に挑戦してる。LV2鳳翼のケズリもやばい。

ギースのゲージMAXコンボ「めくり中キック立ち小キック2発しゃがみ小パンチしゃがみ中キックデッドリーレイブ9発止小キック大パンチ邪影拳」の鬼減りと比べたら相手の技を読んで当て身投げとか、大局に影響力あんのか疑問視するくらい減ってない。それでも当て身は決めたら「気持ちいい!」ってなるから狙って遊ぶのは面白いんだ。

ギースも春麗もコンボの威力メッチャ高いから、試合という感じがする前に相手を倒してしまうことが多く物足りない。俺がガイルにこだわるのはカプエス2というゲームを遊ぶ中で試合して楽しかった記憶がガイルの試合そのもので、通常技で少しずつ減らしていくから面白いんだろうな。だから春麗とギースでもコンボで一気に倒してしまわず通常技で少しずつ減らしていく戦い方が身についたらもっと楽しめるかも。

あと、実はこのゲーム全キャラやったようでイーグルほとんど使ってないことに気付いた。キャラセレ画面でどこにイーグルいるかスグ分からなかったし。