今日のカプエス2メモ(ギース強化を目指して)

カプエス2全国大会前の俺は「無敵技ダイヤグラムプラス1理論」を持論としていた。

どういうことかというと、ダイヤグラムというのは雑誌の記者が巷の勝率とフィーリングとかで付けているものであり、上手いやつは多少のダイヤ不利でも無敵技でまくってしまうことを考えると、無敵技の付いているキャラは目安のダイヤグラムにプラス1くらいの潜在点があるという考え方だ。

それで、ガイルはストIIからずっと使っているキャラでカプエス無印でもメインだったので最初はリュウ・ガイル・ダルシムカプエス無印でレシオによって出来なかったチームや旧レシオの高い轟鬼サガット・ベガなどを試し、キャラ固有のやりこみ前に持ち前の無敵技テクニックで勝てしまうリュウキャミィサガットから2人とガイルという風にキャラを決めていた。決してランダムにやって勝ったものを取ったわけでない。その時にはその時にそれに至ったロジックがあるのだ。

そして、その無敵技理論は波動昇竜ジャンケン理論を提唱するようになってから、だいたい波動拳が付いているやつは昇竜拳も付いているし、技の先に昇竜をぶち当てることでリーチの差を埋めるという細かい戦略は波動打つか打たないかの大博打を降りてからの話でしか無いことに気づいた。

しかし、カプエス2においてCANグルーヴは前転が速いキャラには弾ジャンケンは成立しづらく、足払いと前転と待ちのいびつなジャンケンが存在する。この研究はまだ関係性がハッキリしない。足払いはガードしていると無事ではあるがカプエス2にはガードクラッシュがあるため、踏み込み足払いにも不定の期待値が有り、大足払いを読めば前転してコンボが入るので期待値的には前転のほうが高そう、また前転で反撃確定とはならない中足払いや小足払いでもガードクラッシュ値は少しあるので微小の期待値はある。

そこらへん、机上で考えるだけでなく、無敵技がないけど自分の持ちキャラであるギースと春麗をもっと詰めたらどうなるかということが最近のテーマである。

ギースには無敵技がないので、烈風拳打つ打たないジャンケンとしゃがみアッパーや昇り蹴り対空の戦略は烈風拳を打たない時に飛び込んできた相手には使えるが、烈風拳の弾が出てから飛び込んできた相手には無敵対空がないために、当て身投げか小技か地上ガード、空中ガード、前転などの昇竜拳以下の答えしか持っていない。

ではリュウのほうが味が良いかというと、烈風拳を打たずとも大足払いが長い、大キックが前進する、威力と体力で勝っているという利点があり、リュウに慣れているゆえに大足払いと烈風拳としゃがみ強パンチで戦えてしまうのだが、当身どころを見極めるのがひとつの課題。

また、疾風拳とめくり中キックがあるので餓狼伝説スペシャルのギースと違って飛び込む選択肢もある。また、前転は全キャラ中では真ん中かやや遅い部類だが、相手のスキに前転できた時は邪影拳やデッドリーレイブがあるため期待値がバカ高い。

それゆえ、机上で期待値の高いと踏んだ行動を実戦に組み込んで今まで見たこともないような珍しい動きのCギースが組み上がってゆく。

昇竜拳がなくリーチと威力のあるリュウ」ならサガットのほうが上だが「烈風疾風でいやらしくゲージを溜めながら立ち回りで減らし、前転デッドリーレイブでいつでも殺せるギース」にちゃんとなってきて、コンピュータ戦でそれが実戦出来てきている。

無敵技理論は今でも捨てたわけではないが、豪鬼でキムの大足払いを見切って昇竜した時に足払いの先端に豪昇竜が1ヒットだけしてそこから「さあ起き攻め」となった時にストIIならダウンを奪うと強力な投げハメで試合を半分くらいの確率で勝つ期待値はあるが、カプエス2はそうでもないよなと思ったので、無敵技無いキャラもあきらめずにやってみようと考えをあらためたのであった。

波動昇竜キャラはやり尽くしたとか極めたとは言い切れないかもだが、机上では今以上に煮詰められない壁を感じているので、理論面で伸びしろのあるキャラのほうが研究する分には面白い。プレステで遊んでいるだけで「研究」という単語を使って科学者に失礼ではないかという人もいるかもだが。

そんなわけで、無敵技こそ無いが前転や小技の期待値が異様に高いギースと春麗。なんかひとつのコンセプトを持ってやっているとチーム全キャラそのコンセプトにしたほうが練習課題のまとまりがあって良いのだが、そこに持ち味の違うガイルがいることでバランスが取れて「この3キャラ使いこなせる俺上手い」という自己陶酔効果もあって良し。1日数回の1人用でも先に理論あっての実戦のループに入っていて満足感がある。

ガイルもサマーが冴えて戦い方が少しずつ変化してきている。まだやりこみ不足だったなと思うところが見つかるたびに「アレだけ頑張ったのにダメだった」という全国大会の決勝トーナメントでの傷が癒えていく。強いやつがもしかしたらもっと今強くなっているかもだが、もう伸びしろが見つからないと嘆いていた自分を振り返ると昨日より伸びている。その感覚だけで全国大会の前だって毎日楽しかったじゃないかと。