今日のブックはメチャクチャ上手く出来た!

預言者の神殿ハンデ8をジェネラルカンを軸に趣味色を強めたブックで勝利した。

f:id:karmen:20181212185531j:plain

f:id:karmen:20181212185546j:plain

以前の俺は人に「カードゲームってカネ出して強いレアカード買ったやつの勝ちやろ?」と言われるのが嫌だった。

確かにそれは言い得ている部分もあって、弱いカード普通のカード強いカードが均等に分布していて、それらは決してノーマルが弱くレアが強いという3分割ではないんだけど、弱いノーマル、普通のノーマル、強いノーマル、弱いストレンジ、普通のストレンジ、強いストレンジ、弱いレア、普通のレア、強いレアと9分割してみて強いレアを持っているやつにノーマルとストレンジだけで勝負を挑むのは苦しいのも事実。

そしてカードゲームそれ自体がカードの売上で出来ているから、製作者や販売店が強いレアカードを求める客にそういうカードを出しているのもまた事実。

それを踏まえて、普通に集めていくと強いノーマルを軸に強いレアを散りばめるという構成で遊ぶのがデザイナーの狙った通りのあり方なのかなと思っていたんだけど、最近もっと頭が柔らかくなって、レアリティに関係なく多く引きたいカードと少しで事足りるカードで入れる枚数を分布させて、ジェネラルカンやパイロマンサーが3枚でシーフやナイトが1枚というノーマルとレアの分布がひっくり返った今日の構成になった。

本当に今日になってようやくレアリティを意図的に無視してカードの効果と好き嫌いでブックを組めるようになりました。人の批判とかも意図的に無視してさ。