お正月にカプエス2ひとりプレイ

年もあらたになったところで思うところあってカプエス

倒すだけで必死だった神豪鬼ブロッキングでからかって遊ぶ。

やっとPダルシムで神豪鬼を出してクリアできた。

サガットなど強いキャラを取っていると余裕で勝てるので荒くなり、

荒っぽくて勝ててない試合をいつのまにかキャラのせいにしていた。

丁寧に。

 

夜中に見たアニメ「ツルネ」の主人公は弓道部で早気になっている。

早気とは弓を引いて矢を放つ時に集中しきれず離してしまうスランプ。

それを克服するため練習に打ち込んでいる主人公を周囲が助けていく。

同じスランプになった人の練習ノートを借りてきてひとつづつ試す。

全国大会優勝とかでなく、県大会に団体戦で出場するまでを丁寧に描く。

 

今になって思えば俺のダルシムが勝てなくなったのはスランプでなく、

ストIIからダッシュターボへのプログラムの修正のせいも大きかったが、

ダッシュでベガ、ターボでリュウサガットでなくダルシムを選んだ

その中での葛藤は誰かに共感してもらえるものでなくとも青春なんだ。

 

カプエス2まで来ると流石にキャラの性能変化に敏感で少し触って

「キャラバランスがこんなにされてやってられるか」と愚痴った。

それが周囲からしてプログラムを見抜いたように見えたわけではなく

「あんなに頑張っていたダルシムをやり込みもしないであきらめた」

という風に映って、田舎のゲーム仲間からはミヤザワどうしたの?と

 

そう言って、西大寺キャノンショットの大会ではチャン・コーハン

余すくらいの格好で代表を取ったわけだからダルシムでも良かったかも

年明け早々から変なテンションで練習に打ち込んで結果として後悔した

 

結局の所、ちょっとした顔見知りではある全国レベルの中に混ざっても

青春時代にチャリンコでゲーセンに集まった寄り合いほど親密でなく

ただ孤独の中で技を磨いた先には充実感よりも喪失感ばかり残るわけで

今年のお正月も誰かと楽しくワイワイとでなく独りでゲームをしている。

 

まあ、テレビゲームの大会にしては全国大会って大袈裟なんだよな。

上手くなってコンピュータをからかって遊ぶのは楽しいもんだけど、

人生のスパンで見るとカプコンとか新声社にからかわれたようなもの。

 

つまり打ち込んだ先にどうなりたいという未来の人間関係が描けない。

また、やった先に別のキャラクターが助けに来たり立ちはだかったり、

そういう物語性を無くしてただ独りでコンピュータを相手にしている。

 

もちろん、それに至るにも合コンでゲーセンに通っていることを笑われ、

「そんなもの家でプレステでコンピュータにも勝てないやつのすること」

と喧嘩を売られて

格闘ゲームの大会を目指しているやつはみんなコンピュータより強い」

「そんなことどうやって証明するんだ」

「コンピュータに勝つだけだったら何度でもやってやる」

というやり取りがあったわけだけど、それ以来その場の人間とは会わない

 

それまでの自分はただ自分軸で昨日の自分より上手くなったで充分だった

だけど、それを黙って見守ってくれる仲間を失って人に示したくなった

 

そしてブログを書いたり動画を撮ったりして人に示そうとしてみても

コンピュータの神豪鬼相手にまだ甘い所があるところが自分で許せない

アニメに惹かれたのは誰に見せるでもなく無心に1万遍弓を引く姿だった

それだけでは、満足できないものか。

 

黙ったままでは分からないので書いた文句は残しておく。