ギターの弾き語りってけっこう難しい

俺はギターの弾き語りをするのに8年くらいの歳月を費やした。といっても最初の2年くらいはかなりやったけど、あとちょっとで出来そうというところから自分のやりたい音楽がギターの伴奏だけでは思った通りにならないのが分かった。そこでパソコン作曲とかもかじったり何やかんやしているうちに、ギターかパソコンかブレていったので、ギターのためにシンセサイザー以前のフォークソングやもうちょっと後のバンドサウンドだったらギター1本でも出来るかなと音楽性を変えてギター1本で出来る曲を7年目から8年にかけて1年練習して出来るようになった。

しかし、滅多に人前では披露せずYouTubeで動画として公開しているので、BGMテープ疑惑とか別人疑惑をかけられることはあり、結局のところ顔は出したのだが、ホントに隣近所だけは部屋から音が漏れるので「たぶんこの家の人」というところまでは知られているのだが、俺がよく通った近所の店のおばあちゃんは「アンタがそんな芸出来るわけがない」と今でも思っているようで、しかも学校こそ違うが高校の時に同級生がギターを買って持ってきておばちゃんの前で爪弾いたことがあるものだから「あの子の借りてポロポロ爪弾いただけやんか」っておばあちゃん、それもう25年くらい前よ?

そこで分かったのだが、同級生は楽器屋さんでギターの上手い兄ちゃんに「あの曲やったら簡単やで」と騙されてアコースティックギターを買ってきたわけだが、基本的に「簡単やで」とか「スグやで」というのはカップラーメンのようなものでなく血の滲むような特訓をした人が世間で難しいことが常識化しているものを簡単だと敢えて否定することで自分をスゴく見せるためのバリアを貼っているようなもので、それを聞いて「なんだ簡単なんだ」と思ってしまうほど簡単な人が世の中にいることを分かっていない。

常識的に難しいことを知らない人は簡単だと聞いたら「なんだ簡単なんだ」と考えてしまうようだ。

だから近所のおばちゃんの考えをある程度理解しているつもりの俺からは、簡単にできる天才がいるとしても俺は「ちょっと出来る」ようになるまで毎日8年練習したんやでということを言おうと思っているが、おばあちゃんは60年70年と店番をしているので、それと比べたらまあ分かってもらうのに10年くらいスグに経ってしまうかもな。