ナノブロックで柴犬を組んでみた

柴犬!

f:id:karmen:20190517092849j:plain

近頃とてもグロッキーになっている。

それもナーバスな、つまり日本語でいうと神経質な問題で過去の人間関係を思い出して疲れる感じ。

もともと俺はひとり遊びが好きな性質で趣味だと公言している格闘ゲームもカードゲームもひとりで延々遊べる性格なのだ。

そのため人より詳しくなった結果として対戦において好成績を修めたこともあるが、最初からそうしようと思って狙ったことではない。夢中でやっているうちにそうなってしまったのだ。

ところが、近頃はその夢中になれる感覚が無く、他者との比較にさらされて無言の圧力として「勝つまでやれ」と強要されて取り組んでいるような重圧感がある。

楽しいことでも人から押し付けられるとつまらなく感じるものだ。

そこへ来て、ナノブロックは買った時は「作らねばならない」という義務感みたいなもので嫌になって袋に詰めたまま放っていたが、いちど机のマックブックの電源を切り、皿洗いをしてゆっくりとした日を過ごし、よく眠り、今朝になって部屋の片隅に封印されていたナノブロックを見つけた時に「よし組もう!」と思えたのだ。

楽しかった。ひたすら楽しかった。そして組み上げて写真を撮るのもまた楽しい。

なんというか、俺は柴犬を作ってそれで満足な人間なのだが、ネットに組み上がった写真を乗せると「俺は大阪城組んだ」「柴犬とかザコかよ」みたいな疲れるツイートをしてくる人がいて、疲れているという話でしか無いのだ。

疲れない範囲で、また格闘ゲームも遊ぼうと思う。