今日のカプエス2(ブロッキングのザンギエフはじめました)

「全国大会で優勝したい」という夢が無いわけではないが、地方予選を抜けて会場に入ったり、日米戦で旅行のどさくさに紛れて日本代表になったりしてみてから、何かこう自分の思っていたことと現実になりかけていることのギャップを感じていた。

簡単な話、俺んちの家族とか友達付き合いの問題を大会に乗せてたんだよな。

俺が幼稚園の頃は家族仲が良かったが、俺が中途半端に小学校の成績を取ってきたばかりに親が受験に夢中で成績以外の評価軸がなくなり「お兄ちゃんは受験生だから」を母親がいつも他の家族の不満を収めるのに切り出すので、兄弟仲も悪くなっていた。

しかしその裏で俺は勉強に行き詰まり、帰り道に寄るゲーセンでのストリートファイターだけが楽しみになっていた。そのことは家族とは無関係だと思っていたが、やり込み続けて自分の特技はそれしかないと思い込んだ結果、全国大会優勝くらいの看板を背負わないと親や家族に説明がつかないと考えるようになった。

だが、両親はどちらかというとゲームは受験や会社づとめの憂さ晴らしでパチンコのように暗幕の了解を得たものではあるが、お金の無駄遣いだからやめて欲しいと思っていたようだし、姉は俺が就職してから家族公認で家でゲームをするようになったアケコンのレバガチャの音がうるさいからやめてほしいと思っていたようだ。

母親は出ていったし、姉も結婚した、弟は上京した。親父は優しくなった。ゲームは大会をYouTubeなどで観戦することもあるが、基本自室でPS2でタダで続けている。そんな俺が求めているものは学校や会社の帰り道に寄ったゲーセンでの気楽な人間関係なんだろうなと思う。

いや人間関係とかって言うけど今は家でプレステなんでしょと突っ込まれるかもしれないが、俺が何をやっているのかということと昔からの人間関係のしがらみは切り離せるものでもなく、自分が思い描いている登場人物ひとりひとりと円滑にやりながら、それで自分が勝って皆が納得してくれる形、それに自分が遊んで面白いか。

そのへんを合わせていくとブロッキングザンギエフなら文句なしだなと。

昨日のカープ阪神が5対0の9回裏に1点取り返して矢野監督が人差し指を高く突き上げて、そのまま5対1で終わった試合。色々な野球があるもんだなと思って見ていた。

俺だって巨人軍くらい強くなりたいと思ってないと言ったら嘘になるけど、阪神のホームゲームなのにカープのファンで真っ赤になったスタンドで相手に勝たせて1点だけ美味しいところを取る、そういうゲームもあるかもしれないし、考えすぎかもしれないし。