なんかつい昨日アタック25を見たようで

テレビでアタック25をしていると、つい昨日見たような気がして俺の1週間はどこへ行ったのかという感覚になった。ブログを読み返すと鉄拳の話ばかりだけど、鉄拳以外に何してたかな。晩飯も7回食ったはずだが、すぐには思い出せない。

そのかわり、今朝の夢は思い出せる。2時間しか時計が進んでいないのにまるで数年間の人生体験のような夢だった。時間って不思議なもんだなとこういう時に思う。

思い出すといえば、中学くらいで餓狼伝説2の攻略本を部活で作ってコミケで売った。

俺はコミケに行かず原稿用紙に文字を書いて仲間にワープロ打ちしてもらったが、まあ中学生の割に幼稚園みたいな文章だったと記憶している。今でも子供じみた言い回しを使って子供じみていると看做されることはあるが、そうでなく、作文としてダメだった気がする。

2年先輩のストIIダッシュのガイル本は他校の生徒にも好評だったが、たかだかソニックブーム、サマーソルト、中足くらいのことをよくよくここまで難しくこじつけたなと言う感じで、本人が負けたりした時にそばで本を持って読み上げて顔を真っ赤にさせる、そういう使われ方をしていた。

ああ、思い返せば楽しいこともいっぱいあったよな。人の記憶というのも不思議なもので感情に基づいて時間とは関係ないような連想が次々と起こったりする。気恥ずかしくて隠してやり込めたいと思っているような思い出が楽しさを伴って蘇ることもある。

冷蔵庫にあった賞味期限が1ヶ月過ぎたわらび餅を開封して食ったら、どうもない少し固いくらいだったが全部食べ終わってから後味がやや酸っぱい。緑茶のんだ。あとで腹壊さないかな。まあ、大丈夫だろう。そう思うことにしよう。タバコでも吸お。