今日から俺は!!ってマンガ読んだことなかったんですけど

テレビで金髪に学ランの主人公を見て、そういや昔そんな格好をしていたら「今日から俺は!!やろ?」「なんのこと?」「んもうっ!」とよく分からない腐女子やおい好きなヲタ女のこと)に言われたなぁ。その子はゲーセンの喫煙所の床でマジック・ザ・ギャザリング遊んでたら寄ってきて「なあなあ、私それ知ってる!ブルーアイズホワイトドラゴンやろ!?」「なんのこと?」「ジャンプ読んでへんの?」本屋に立ち読みに行って愕然とする俺。

その年に母校の学祭に行くと俺は高卒なのだが(*1)先生に会うと保護者の奥様方がいる所で「おお、ひさしぶり!お前東大やったな」「えっ!?ちが」「ああ、ああ、京大やったか」そこで必死に頭下げて目配せしたので俺も空気読んで「それアイツと間違ってんじゃないですか?」「そうやったか!そうやったな!」と話していると近くで聞いてた奥様方「あの子東大らしいけど遊戯王のカード集めてるって、やあよね」距離的に違いますと噛み付くのも難しい聞こえ具合で、そっとその場を離れた。

*1:のちに専門学校に言って専門卒に

だいたい、昔の人は人の噂も75日と言ったらしいが、75日の辛坊というのは自意識に鬱屈を刷り込むには充分で、しかも漫画を使った噂やネットを使った噂はそれ以上に残ることが有り、そう言っている俺自身こうして誤解を解きたくてブログをやっている。

いや正確にはゲームとかトレカの幼稚なブログを楽しくてやっていたのだが、それが世の噂になった時に匿名のときからほぼほぼバレバレであったが、実名にしてから初めて会う人がネットで実名検索して予習しようとする、予習と言えば聞こえは良いが全部読むわけでもなく「うわ毎日独り言いってるやばいやつや、ぜったいキモいチビや」と決めてかかってから、会ってどんどんこじれるということが何度かあった。

そう、思い返せば何度かあっただけのことを堀池の僧正がごとく気にしているだけ。今日から俺は!!のときも露骨に浮いたそのルックスを少し目立たないように変化させて事は収まったじゃないか。なんかドラマ化で掘り返されてあらためて過去の自分が何であったか他人のように見ているんですけど、あれはあれでバカだけど付き合って面白いやつだったんだろうなと。バカ友達はいっぱいいたし、バカ友達がいっぱいいることで賢い友達にリーチしたのかもしれない。

賢い友達のほうが良いなと損得勘定を働かせると、勘定なしに付き合っていたほとんどの仲は「さびしいから」「友達がいっぱいいると何か安心だから」みたいな理由で輪ができていて、それは若くておおよそみんな親の加護があって、将来の心配とかお金の心配をあまりしていなかったなぁと。

てかね、若い時はバカやってても年食うとどんな形であれ食っていくためのずる賢さは身につくもので、それは学校の勉強の出来るできないとまた別次元の話で、勉強できて会社づとめのほうが相変わらずバカみたいにゲームにジャラジャラ金を使う経済力があったりして、反対に勉強できなかった人のほうが所得が少なくてお金の使い方に関して抜け目が無かったりするんですよね。

そこからもう一度勉強しても、いったんプロレタリアに落ちると勉強がお金に結びつかないこともあるけど、会社づとめになった方に「ジャラジャラ使ったお金、全部アイツラの懐に落ちてるよ」「いいじゃんそんくらいの金」「そんくらいの金で1日食えるんだよ」という話になって、昔は上と下を取り持つような人間だったけど、金銭的には気遣いに金遣いで損していいからみんな仲良くだったのが、自分の得でなくそれぞれが己が得を目指すように不純な関係にスポットライトを当てだすと、単に嫌われ者になるという。

俺はひとりひとりと話すると到底まとめきれないくらいの人数を相手にストリートファイターの台をはさんで、ひとりひとりをキャラの動かし方で観察して人物像が分かりやすいか捻くれているか見ていたけど、ほとんどやったこと無いからゲームの中では無用心に思えていた人がゲームの台に100円入れる前に用心深いということもあり、ゲームを辞めてからゲームの腕で競い合っていた仲からは「何であんな弱いやつと?」と思われる人の賢さに気付いて付き合いをあらためたんですね。

そんで、あらためてというか初めて「今日から俺は!!」を見ると、あの頃と今の考え方の違いを示す説明が多分ブログのどこにもないなと思ったのでこれを書きました。