そんなアニメもあったねといつか笑える日が来るわ

Zガンダム3〜4話を視聴して心が荒んでいる。

ホビージャパンとかガチャポン戦記とかでZガンダムモビルスーツは大半を知っているけど、原作アニメはなかなかなにグサッと来る。きっと面白いんだろうなと想像していただけに落差がけっこう。まあ、Zガンダムの登場シーンくらいまでは見るつもり。まだ出てきていないので。

あと先週あたりテレビドラマ過保護のカホコ再放送を見ていたが。俺も過保護といじめられたことがあり、過保護なのかいじめられっこか出自を羨まれて周囲から幸福にしてもらえないみたいなパラドックスを感じていた。もちろん良かった点もあるが。

だいたい、周囲と競争をさせられる小学校に入る前、幼稚園の頃が最も幸せだった。

だから俺は何か罵声として「アホ」とか「バカ」とか「小学生かよ!」と言われるとカチンと来て、しかしすぐには怒らずに堪えて胃袋がふつふつと煮えてくるような感情を持つのだが「幼稚園かよ!」と言われると、それは楽園の合言葉。いじられて喜べる。

いや、まあ正確には小学校に入学した後も下校して宿題を済ませれば子供部屋は天国であった。オモチャで好きなだけ遊んでたから。あの楽しさをどうしたら再現できるか、ということが自分がいかに楽しむかと考えたときのひとつのゴールである。

そういう意味では初代ガンダムは心の引き出しのひとつではある。ただ、ゼータのアニメは放送時に見せてもらえなかったけどプラモは欲しかったもののひとつだったような。ガンダムシャアザクで戦う青赤のゲームウォッチで何度遊んだか。

テレビはあるしもっと面白いゲーム機はあるしお姉ちゃんの出なく自分のピアノはあるし、欲しくても手に入らなかった唯一のものであるパソコンもある。

だいたい、テレビを見てブログを書いてタバコを吸ってコーヒーを飲むのが生活のほとんどなのだが、タバコを忘れるほど楽しいことというのは週に数時間だ。テレビドラマやアニメの途中でもタバコのほうが勝つことが多い。ひとり暮らしをして貧乏になった時に覚えた計算による損得の勘定が、心からの幸福を金銭的にもったいなく感じて自分で妨げてしまう、みたいな自己矛盾が今日いちばんの悩みだ。

ゲームも闇雲に遊ぶのと比べて、ゲーム理論を覚えて計算高く勝つようになってつまらなくなった感じがする。だがいちど計算を覚えるとその前の混沌に狙って戻るのは難しい。ガンダムが面白くてZガンダムが面白くないのは原作アニメを見たか見てないかだと考えてアニメを見て時間が止まっている心に新しい刺激を与えている。

だがな、素敵な夢の中に眠っていたのに社会や時代の変容みたいなことに付き合わされる不快感みたいなものが目覚めてしまった。ゆめよどうかさめないできみはねがうけれど。俺はあのCMでは泣かない。何故なら夢を見る島より聖剣伝説のほうが鍵だから。

Zガンダム、どこ行った?と思うと心の荒みは癒えている。この時間は必要だ。

 

今日のΖガンダムPS2 ガンダムVS Zガンダム

ちょこっとやる気が出てガルバルディβでクリアしてみた。再び勢力は均衡に。

まあ、モビルスーツが違ってもビームライフル系かマシンガン系、耐久力とコストなどの兼ね合いでどれを取っても見栄え以外はあまり変わらない。ごっこ遊びツール。

苦手な宇宙戦に慣れては来たけど、何か目立った進化や収穫があるわけでなし。操作はすでに慣れているつもりではあるが、レーダーを見たり僚機指示を出したりするのは気持ちを切り替えないと出来ないので、自然にレーダーを確認しながらメインカメラでの戦場の確認を無意識にするまで慣れたら感触も変わるのだろうなとは思う。

ジャンプの着地を狙うと避けられないという基本的な攻略の他に、相手2機が射線に並ぶように、要するに自分から見てビームが通る方向に敵2機が直線になるように陣取って撃つとか、まあ普通に背中を取るとか、ダッシュが4方向なので敵を僚機と直角三角形になるようレーダーを見て撃つと相手が前後左右どう避けようと自機か僚機の弾が1発は当たるというハメ技でどんどん弾が当たる。

宇宙はまだ苦手。少しマシになった。レバー下とジャンプで下降できることに気づいた。操作は分かったがどういう戦略が通じるのかは良く分からない三次元自由移動戦場。

ティターンズで始めると最終面でアムロ・レイが登場する。最初は放っておいて弱い敵モビルスーツを倒して戦力を削ぎ勝っていたが、タイマン勝負というかアムロを沈めて勝ちを狙うという遊び方のほうがスリリングだ。しかしハードモードはまだ遊んでいない。ちょっと遊ぶのにノーマルの9面でも長い。連邦VSジオンはゲーセン稼働時だから16年前、ゼータは15年前。16年前に買っていつだったかブックオフして(正確にはゲオだが)久しぶりに遊びたいなと思ったのが先週くらい。

これナー。当時は浅いゲームだと思っていたけどランク上げて遊ぶとか、ノーミスまで上手くなるとか、まだまだ何を身につければ強くなるのか不明点や疑問点が多い。だが、ゲーム理論というと科学の一端であってテレビゲームでアニメ作品とは言え射撃戦の研究となると軍略に含まれるので、科学の戦争利用はいけないというノーベルの精神を持っている方からガンダムVS系のゲーム理論による研究というのは良い顔はされない。

だけど相手はバーチャル戦場とはいえオートパイロットのコンピュータなので、仕事でやっているプログラマーはやっていて、俺が操作するのと同じくらい強いわけで。なんかそのほうが対戦よりかえってやる気が出ている部分も否定はできなくて。個人的なケンカやね。カプコンのAIプログラマーに勝ちたい、みたいな。