怖い夢を見た

高級レストランで上品な女性とテーブルで食事する。

皿に盛られた食事はガンダムのプラモデル。

その頭部をナイフとフォークで切り取って口に運ぶ。

尾頭付きのエビフライの頭を食ったようなバリバリ食感。

プラスチックの味というか無味だけど独特の匂い。

ひとり食べ遅れていつの間にか3人になっている食卓。

カード型の電卓でお会計をしているが皿に残ったガンダム

 

目が覚める。

 

何のメタファーかは何となく分かる。子供の頃の記憶。

親に買ってもらったんだろうな、ガンダムの玩具を口に。

俺の生まれ年とガンダムの放送開始日を考えると幼少期。

玩具はおばあちゃんがダンボールに詰めて隠してしまった。

エビフライのお頭を美味しそうに食べる親が信じられない。

カード型の電卓は不思議なものだった。

 

 

俺の持論は格闘ゲームの行き着く先はジャンケンだ。

ジャンケンは運否天賦ではなく心理戦とも捉えられる。

慣れて、拗れて、複雑になった心理は読めるものでないが、

幼子や博打に不慣れな人がルールを覚えて考える順番とか、

とかくゲーセンで待ち構えて初心者を狩る程度なら出来る。

 

しかし、相手のいないゲームを続けて内向的になった結果、

俺は自分の心理を幼少期まで掘り下げてしまったのだろうな。

まだあの不味いプラスチックの味が脳裏に焼き付いている。