中学生の頃から「ウソツキ」で通ってる

振り返ると小中学生の頃はやや自慢を盛るタイプだったのですが、中学の同級生の吉井と米川から「ウソツキや!」となじられながらも話の面白いやつとして付き合いは続いていた。まあ、盛らなくても元々の自慢で結構なタネだったんだけど、結構なタネを盛るものだから根も葉もない噺と思われていたのだろうなという気はして。

ただ、高卒でフリーターしてから復学して資格とって一般企業に就職したあたりから俺はネットでブログを始めて、そのブログは同級生からは他人が書いたものを俺が「俺が書いてる」と嘘をついたという誤解をされていて、最近になってコンピュータ将棋を作ったりギターの弾き語りを動画にしたりのついでハンドル名から実名に変えて、米川が家に遊びに来た時に管理者画面を見せたり、吉井と電話で話したりで「どうやら本当らしい」となった時にウソツキの話の面白い奴からちょっと距離を感じだして。

それは俺が距離を置かれていると感じる以上に彼らの方に距離と罪悪感があるのだろうなという気もして。

f:id:karmen:20191104184021j:plain

それはさておきスパロボIMPACTを6面クリアまで進めたわけです。ここ数年格闘ゲームばっかりだったからね。格闘ゲーム界隈でも、手合わせするまで伝説だと思ってた系の話も色々とあって。

それでも俺のメインの趣味はやっぱりゲームなので、どう思われようと遊び仲間はいたほうが良いし、気兼ねなく俺から連絡を取るとまたみんな返してくれるわけで。ブログという媒体を選んで世界に向けて発信するというのがなんか俺の満たされない願望から来ていて、それは古い付き合いからウソツキで通っているのをあらためたいという願いなんだよね。

スパロボで遊んでますよ、普通に。ペルソナ3FFXIIも積んでる。ゲームしている時間を他のことに当てたらと思っているうちに新作買ってモリモリやるゲーマー力が減っていたけど、まあ全部解けなくても楽しめるところまで飽きが来るまで遊んだら良いやみたいな気楽さがよみがえって。

このゲーム、ユニット破壊されたら修理費が付くけど破壊されないように上手く進むと修理費がなくなって改造パワーアップ費用に当てれるので、複利的に有利になり、反対に苦手で壊されちゃうと修理費がかさんでユニットが弱くなり複利的に不利になるから中盤でジリ貧になって諦めちゃうというケースが考えられるよね。

あと熟練度はどうやって狙うのかと思っていて、恐らくだけどクリアすると資金持ち越しで2周目があるとの情報から、資金繰りをして2周目以降に大金を持ち込んで1面から改造パワーアップすることで弱ってボスが逃げる前に一撃で仕留めて熟練度を上げると99面のあとに晴れて100面が出るという筋書きだと思うのよね。