ミルクティーやジュースをレンジであたためて

寒いのでパンを食べる時の飲み物をカプチーノにした。

それから、タバコを吸うとまた飲み物が欲しくなる。

コーヒーの飲み過ぎは胃に悪そうだから紅茶にしたい。

しかしミルクティーは冷蔵庫の中で冷えている。

寒いのに冷たいものを飲むとお腹を下しそうだ。

コーヒーが胃に悪いなら冷たいものは腸に悪い。

風邪とかも引くかも知れない。

だからコップにミルクティーを入れて1分レンジする。

少し待って、あたたかいミルクティーで体は温まった。

 

当たり前といえばそうではあるが、子供の頃は違った。

筋肉を付けたかったら辛いトレーニングが必要だ。

走ったりするのはしんどいから嫌いだった。

それなのに、寒い時に冷たいものを飲む時がある。

これはお坊さんが滝行をするみたいな感覚で

「辛いことを我慢すれば強くなる」

みたいな誤解が全ての原因である。

確かに、筋肉なら負荷をかければ鍛えられる。

しかし冷たいものを無理して飲んだらといって、

お腹が冷えに強くはならない。

体の部位ひとつひとつ、鍛え方は違うものなのだ。

 

望む結果を得るための鍛え方がどこか間違っている。

きっと、だいたいのことはそうなんだと近頃では思う。

 

辛い努力というのは、時に必要なこともあるのは分かる。

それは同時に「頑張ったのに」という気持ちを生む。

 

寒い時に冷たい飲み物を無理して飲むような辛いこと。

そういう間違いをどこかで犯していないか。

 

それを振り返って考えると少しずつ気持ちが楽になる。