セガサターン版X-MEN VS ストリートファイター

実はゲーム大会の景品でアーケード初期出荷基盤を持っていたのですが。

近所の駄菓子屋ゲーセンのキューピー堂の筐体に入れてもらってフリープレイで遊んでいたんですね。キューピー堂のゲーム基板はカプコンCP-1とネオジオMVSで新作入荷が止まっていて、X-MEN VS ストリートファイターが入ることでまた近所の子が来るかなと思ったんですけど、大きいお子様の床波くんが良く来たなぁ。

f:id:karmen:20200106093930j:plain

カプコンのゲームは完全移植を謳いながらゲーセン版から細かいバグ修正が入ったゲームが家庭用として出ていて、ファンの間ではゲーセン版のバグ技のほうが楽しかったという話も結構あるんですよね。

なぜ修正されているかと言うと、想定外に簡単にクリアされてしまうからだけど、ゲームの下手な子供は裏技があってそれで勝てるほうが楽しいし、それで上手だと思えるんですよね。俺も餓狼伝説スペシャルではダックキングの歩き小パンハメとかやりまくって絡まれたりして、そん時はリアルケンカでなくゲームなんだからゲームで勝負しろと思ったもんです。

でもそれがもうちょっと年食ってX-MEN VS ストリートファイターの頃には年下の子相手に「もう君の勝ちでいいからいい加減永久コンボ止めて降ろせよ」みたいに言うようになってた。自分の事忘れて棚に上げてるんですよね。

そういうのって、勝ちでいいとかそういう問題でなく、ゲームに飽きてなくて永久コンボ入れてるだけでキャラが動いてバシバシ音が鳴って、繰り返してるだけでもう快感物質出て夢中だったりしたんだろうなと。

いや俺がサターン版をあらためてやりたいってなったのも、基盤も故障してゲーセン版と違って修正が入っても、サターン版で出来ることでまだまだ楽しめることあるだろうし、年下の子に「永久やめろ」って言うんでなく永久合戦のケンカに童心に帰って参加したいみたいな気持ちもあるからなんですけど。

サターン版の音楽メチャメチャ良いです。静かな部屋でヘッドホンで聴いてるからなのか、ゲーセン版より音源良くなってるの「どっちか」なのか「どっちも」なのか。

このゲーム、俺の観測範囲では景品にもらってキューピー堂に置いて地元のもう1軒のゲーセン「アイ・オー」でも子供がやってたし大阪日本橋に行ったらフェラーリでもアルファビームでも子供が遊んでたから自分よりちょっとだけ若い世代にウケてるのかなと思ってたんですけど、ネットでコミュニティの規模とかを見ると、集まっている人は少ないみたいです。

潜在的にはまだまだいて、マヴカプ2アメリカで大流行とニュースになる前に日本の子供の多くはX-MEN VS ストリートファイターで満足してたんじゃないかなと思うんですよね。

ヴァンパイア級にマニアックな寄り合いという意味では既に日本全国津々浦々のX-MEN VS ストリートファイターのファンの輪には入っているかもですけど。基盤持ってるくらいだし。ただしやりこみ度は好きな人に任せて見せてもらうのがメインだったから、そこんとの自分でマヴカプ2との違いとか、もっとよく分かりたいな。系譜として。

マヴカプ2のストームが最強と言われる前にはX-MEN VS ストリートファイターのストームのインカムが先立って良かったという話が本当なのか。若いときほど細かこといっぱい知ってたけど、聞き伝も多くて守備範囲は実物で確かめたいってのも。

格闘ゲームは負けてカネ入れると続編でそのキャラが強くなるという都市伝説が。

 

永久コンボが無くなって、買ったからには自分も永久で遊びたい(ゲーセン版でサイクロプスに永久コンボを食らって不満だったことがあるため)とは不満に思った。しかし、相手コンピュータが入れてくるのは普通のコンボなわけで、普通のコンボ同士の対戦ゲームとして永久依存度の低かったストZERO3の持ちキャラでもあるナッシュで遊んでクリアした。ナッシュ&サイクロプスで。十分面白かった。機嫌が治った。

俺の不機嫌ブログはストレス解消にはなっているが、読まされた方にストレスをサッカーボールのようにパスしていないかと思うと、何とか自分の中で食い止める必要があるのかもしれない。書いて、まとめて読み返すと解決することも多いが、書いたものを誰に読まれることもなくゴミ箱に捨てる売れない作家のような作業よりは、ログとしてウェブに貯めておくと管理コストの面とか俺にとっては便利。いちいち誰かに話すこともなく、もしかしたら誰かに読まれるわけで。

もっと早く身内とか友達同士で話し合って解決できたのではないかとも今になったら思う部分はあるが、相撲業界が勝ってナンボであったように格闘ゲームを主軸にする以上ゲームで勝ってそれ以外の意見はすべて負け惜しみに分類してきた。中2の時にストIIが出て、自分がいちばんになるところからスタートしたので、あらゆるスポーツの先輩や師範から指導を受けて強くなりながら礼儀や心得を学ぶみたいのとは全然違って、独善的に突き進んできた。

だが、どこかで自分がいちばんで無くなるタイミングはあった。何度もあった。その時々でその現実にどう対処してよいか分からず、人に相談しようにもゲーム仲間は皆俺が負かして偉そうにしてきたのを根に持っていたからザマーミロという反応しかなかったし、ゲームに無関係な家族や学友に俺がどういう経緯で悩んでいるのかなど言葉で説明しようがなかった。

ネットにワケのわからない長文をアップし続けてきた。それは反感も買った。けど、そこで反感を買って共感も時々もらって、書き続けてきた今はこれで良かったんだという健やかな感謝が湧き上がってきている。

付き合ってきてくれた皆様、ありがとうございます。