テレビってのは他人事だから面白いものですよね

早寝早起きの生活リズムで過ごしていたのですが、NHK深夜アニメ「映像研には手を出すな!」を見るために夜中に起きて見終わって寝てでややリズムが崩れております。

そのまま朝のテレビはNHKで建築家の安藤忠雄さんの仕事現場が映されており、なかなか良いものが見れたなと。

 

テレビドラマでも近頃では職業人の仕事風景を描いたものが増えていて、テレビ局が作っているからテレビ局のテレビドラマの風景は正確なんですけど、ドラマ結婚できない男の桑野さんの仕事現場の風景と建築家安藤忠雄さんの仕事現場の風景は随分違うものだなという感想を持ってみました。

25歳というと、ユニオンシステムで建築の構造計算書を自動で計算してプリンタから出すコンピュータシステムを組み上げて、寝ててもお金が入ってくる状態でした。やっている実際の仕事はプログラミングとデバッグで、ハードウェアは汎用コンピュータの市販品。家庭用のウインドウズ98から業務用のNTの後継と統合してウインドウズ2000でシステムが組み上がり、設計事務所に売れ始めて製品が軌道に乗ったんですよね。

そのくせ、会社としての建前というか情報通信業IT企業という言葉はまだ一般的でなくて、プログラマーとひとこと言うと「何の業種の」という返事が必ず返ってくる時代。建築の耐震強度を求めるプログラムですよと言うと「建築士なんですか?」と返って来て「違います」と言うと「じゃあ土方なんですね」と蔑まれるという。

結局寝ててもお金が入ってくるシステムなんてのは市民が放っておくわけがなくて、テレビも見ないで仕事に打ち込んだ22歳から24歳までの徹夜残業の行末は会社から用済みとして追い出されるという結末になるのですが、それから派遣社員として色々のデジタル機器メーカーを転々としている間にユニオンシステムでこぼしてしまった「コンピュータで寝ててもお金が入ってくる」という話が独り歩きして、自身が派遣社員として働いているにもかかわらず、何故か噂話で「人を派遣させて上前をはねて儲けている」(だから寝ててもお金が入ってくる、と推察されたのでしょう)ということになって、大バッシングを受けて行くわけです。

色々あって、仕事を引いてテレビを見ていると、テレビドラマの結婚できない男の主役である阿部寛さんの演ずる「桑野さん」の頭の寝癖や挙動のひとつひとつが自分とそっくりで、飲みに行ったりすると「似てますよね」と言われるのが嫌で建築家でなくプログラマーをドラマの主役にして欲しかったなと思いながら自分の分身のような桑野さんを反面教師にもうちょっと自分を変えようとしていったんですよね。

それがあるとき、友達との会話で「桑野さんがあのまま建築家として出世したらどんな未来像になるだろうね、見てみたいね」と話したことがテレビドラマ「まだ結婚できない男」として放送されて、それはもう実像のない別世界だなと思って楽しく芝居として楽しめたわけです。

安藤忠雄さんをひと目見ると、それらの記憶がするすると引き出されて「ああ、建築家の巨匠と言うと安藤忠雄この人あり」だなと。桑野さんは安藤忠雄にまで出世できるのかな、どうかなぁ、と寝不足からため息の出る一週間のスタートなのであります。