今日のスパロボIMPACT(戦略SLGで初めて負けを認めることに)

今日は色々と負けを感じている。

まず、俺が買ったのはPS2スパロボIMPACTでキョウスケが主人公なのだが。

エヴァンゲリオンマクロスバーチャロンの出てくる第三次スーパーロボット大戦αのほうが当たりだったのではないかという気がしてならない。罰ゲーム感のする負けである。

f:id:karmen:20200629165430j:plain

また、ステージ9まで誰も落とされずに進んでいるひとつ目のデータであるが、熟練度ゼロ。

熟練度は各面のボスは体力残り少しになると撤退するのだが、撤退ライン手前から一撃で大ダメージを与えてとどめを刺すと加算される。それがあると分かって1面からやり直して2面まで進めたデータはあるのだが、9面になってからようやく熟練度を取ろうとすると、武器や援護を何の組み合わせにしても撤退ラインからトドメまで届かない。これ、ボスが固くなっていくのを見越して育成を考え直さないとトドメが刺せず、負けと言って良いだろう。

f:id:karmen:20200629210225j:plain

気を取り直して1面からやり直したデータで2面も無事に熟練度げっちゅ!

なんというか、SRPGというと最初の方から慎重に被害を抑えて進まないと後で取り返しが効かなくなるゲームだけど、学校でファイアーエムブレムをクリアしたと言うと大ホラ吹きのそしりを受けて「攻略本やろ?」とか疑われたけど、あの頃から発言が嘘なのかホントなのかより、グループ割れが起こっていたんだよな。俺はあの頃からフラフラしていた。浮いていた。

アニ研のヲタ話にはイマイチついていけず、軽音部は洋楽でヘビメタなのでJ-POPは好きなやつもいるけどそれは軽音部みたいに部活にするほどでもなく。俺はウォークマンで音楽聴いてたけど連れはラジオ、ラジオで鳴ってたのは当時ウルフルズだったな。

そうそう、あの頃から学校でゲームそこまでやるのって普通じゃないのかなってどこか引っかかってて、計画を立てずにサクサク進めて行き詰まる経験をしてみたいって思ってた。ゲームのシナリオはやり直して先を読んだかのようにクリアできるが、世の中の大体は即断できる能力のほうが重宝される。何事も良し悪しや損得をずっと考えて迷うようでは決断が遅れる。

恐らく、間違った洗濯をしたとは俺は今は思っていない。選択肢がふたつあって、即断でどちらを選んだ人も一定数いて、俺がそっちが良いと決めるのに理由を付けている間に少し先に進んだ人がいて、結果良いと思った方は選べているが先頭には成れていないというか。

そもそも道が合っているかどうかは自分の気持ち次第という曖昧な選択肢の取り方だから。

f:id:karmen:20200629234328j:plain

日付が変わる前に3面まで熟練度げっちゅ!ノッて来た。

ここ数年、ゲームする時間は減ったけど代わりにテレビ見る時間が増えていた。

ニュースとか政治討論とか見慣れると自分が参政しているかのように思えて最新情報を取り入れずにはいられなくなるのだが、俺が見ていなくてもミヤネさんはずっと喋っていて、本当にニュースを知りたければネットの活字や動画で良いような気はする。

テレビ漬けは受け身の無気力の原因になっているかもしれないよな。テレビも面白いが、もりもりゲームで遊ぶのも世間で言われるほどの時間の無駄ではないと近頃じゃ思う。

まあ、何の役にも立たないといえばそうかもだが、暇していても役に立つ暇つぶしなど滅多に無いのだから。有意義を追い求めて人生に悩むのも良いけど趣味を大事にするのもひとつの豊かさだと思うんだよね。その趣味がテレビゲームだって話なんだ。スパロボは有意義。