健全な精神は健全な肉体に宿る!ルームランナーを検討した。

歌手の誰かがルームランナーをそう言って買ったと雑誌で読んだことはあるが。

まあ、ちょっと前まで考え方がすごく不健全であった。

頭でどうにかしてやろうとすると、他人の手柄を邪魔してやろうとかの発想は出てくる。

俺はそういう意味では頭の良いやつではないのだろうなと思うことが結構あって、半沢直樹を夢中で見た次の日にハイヒールのリンゴさんが「水戸黄門やね」と言って笑っていると、もうめっちゃ素直にテレビの勧善懲悪にハマる単純なやつなんやな俺と思った。

その前にはゲームでハイスコアを出すのに必死になっていた。負けると笑われる気がして。

考えると、テレビゲームで勝負するってちょっと健全とは違うんだけど、どんなゲームであれ競技になるポイントはあるし、手順が同じになったら速さで競ったり、数字があったらどれを最大にするか基準を決めて争ったりする。

シューティングのスコアなどは勿論で、ファイナルファンタジーをクリアまでの速さで競ったり、ゲームボーイのSaGa2秘宝伝説ではラスボスを倒すターン数で競ったりした。SaGaのラスボスは一撃で倒す裏技があったりしたよね。そしてゲームボーイウィザードリィではレベルの大きさが99で頭打ちせず100の位まであるので、どこまで上げられるか競って、俺は魔法使いの魔法を覚えたロードと僧侶の魔法を覚えたサムライにビショップと忍者のパーティだったけど、先輩「なっかん」が戦士で先にレベル100到達して「負けた!」と言ったら「そっちロードで98なんやから経験値の総量の差で言うと俺のがとっくに負けてるよ、どんだけやったの?」と言われて、なるほどそれならということで外伝3では転職しない戦士をひとり作ったんだけど、西野がドラゴニュートの盗賊というのを作って、レベル400台まで上げたところで皆で競うのをやめて勉強しだした。俺はあのときのことは人生で数少ない負けを認めた瞬間だったから今でもよく覚えているが、負けるのが珍しくなくなった最近の負けはあまり覚えていない。覚えていないってか、流行についていってるわけでもなく勝負の土俵に出るわけでもなくテレビ見てブログ綴って、今度はいったい誰相手にどこでどんな勝負なら自分が本気になれるだろうか、みたいなことはたまに考える。

そうすると、あの頃はマジだったな思える勝負でもまだまだ甘く、格闘ゲームも世界有数とかいう自負よりもスコアとかの明確な指標で何位か数えたいと思っているし、ウィズ外伝3なら高校生でなくニートでレベル999でカンストするか1000まで桁があるか、ネットゲーでとっくにそれを超えるくらいの時間をゲームに費やす人を見て、それよかどうすれば自分がそれだけ何かに没頭できる時間を捻出できるかみたいなことを考えて、仕事の仕方を変えて今に至る。

その中で、競争も真っ向勝負でなく頭をつかうようになって性格が曲がった所があって、懐かしいゲームを遊ぶことであの頃はもっと純粋に打ち込めて周りなんて見てなかったなと思うと、それならゲームでやるより健全にルームランナーでも買って走るほうが良いかなと思ったんだ。

ただまあ、俺んち商店街だし周りも市街地だしコンビニ行って帰るくらいでも運動なるし、逆にルームランナーって誰がどういう状況で買うものなのかなバカなのかなそれとも夏暑いから外出て歩くと汗かくしクーラーかけてルームランナーかそれでも結局汗かかないか?などと考えた。

人と比べるから、相手の高さを見てそれより高くなるなら自分を高めるより相手を下げてやれと思って邪悪な考えが生まれるんだ。ゲームは不健全かもだけど、メモリをいじって勝ったことにするのでなく、ルールは変えずにその中で上を目指そうとするなら、目標物はずっと変わらないから、内向的で求道的に自分を高めることは出来る。これはアケコンをガチャガチャポチポチしごく能力だけなんだけど、他人の足を引っ張るよりは相対的に健全だと俺は思う。

あの頃の俺と変わったことは、記録に対して負けを認めるようになったこと。雑誌に載るためにはその月で歴代の1位を抜かないといけないから、それ以外は目標じゃない、ありえないと思っていたけど、自分でブログ書いて自分の今を発信できるんだから、前より上がってりゃいいし、もっというと衰えて下がったとしてもそういう記録として付けておける。

問題はこの有り余る時間とエネルギーを何のために燃やすのかというパーパス。それが今のいちばんの問題かも知れないな。何も考えず打ち込んでやろうとしても目的意識が優先されるから打ち込むリミットを自分で設定してしまうんだよな。それはそれで日々何らかしているのだけど。

それよか8月の暑さを1ヶ月我慢すればエアコン新設の見積もりを1年先伸ばしに出来て、それで現金貯めないと涼しくなってもすることが無いのなら贅沢すべきでないみたいなことを今悩んでいる。人間寒いところのほうが知能が発達するらしいが、俺は考え過ぎの精神病患者なので夏の暑さにうなだれて何も考えないと病気が治ったかのように感じるんだ。

それでも夜は薬飲まないと寝れないんだけど、夏の夜はもともと寝苦しいもんだからな。