命を預かってゲームをしているのだなと

2014年ごろからカルドセプトというゲームの面白さにあらためて気づき遊んでいます。

トレカのマジックザギャザリングに夢中だったこともあり、類似品とか代替品というイメージで持って接していたのですが、ふとカードの絵にイラストレータの名前があることに気づいてから、数えてみると360枚のイラストを"Tomoharu Saito"と"Satoshi Nakai"の二人で描かれていたことにも気付いたんですね。

そのうち"Tomoharu Saito"こと斎藤智晴さんはXBOX360カルドセプトサーガを最後の作品として2006年に38歳の若さで他界されたということを知りました。ゲーム作りにまさに魂を注がれ、命がけで描き上げたイラストの数々を現世に残されて、今ひとりの時間をそれに癒やされているのだなと思うと、複雑な心境です。

遅まきで恐縮ですが、斎藤智晴さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |