今日のカプエス2(凡戦の中に)

仮面ライダーセイバーを観るところから始まる日曜日の朝。

主人公のトーマは小説家で、これはブロガーをしていると感情移入しやすい。

俺は統合失調症を患っているが、病人の中には「テレビに自分が出ている」とか「自分のやっていることが取られた」などと狂言めいた症状があると言われるが、俺も自分のゲームプレイの試合の成り行きが全国大会の決勝映像ととても似ていて「取られた」みたいな被害妄想に陥ったことがあった。自分が編み出した技なのに、知らないゲーマーに取られ、それが全国的に有名になることで今までどおり遊んでいると、大会映像を見て真似ているものまね芸人のような存在に貶められた、という筋でものを考えてしまった。

だが、そこまでの物語性を持った罠に俺をはめるためだけの計画的な犯行というわけでなく、俺が視聴者の枠に収まってくれるように、主役が同じ動きをすればいつまでも時代遅れのゲームに固執すること無く満足して辞めるだろうと思われていたかも知れない。

まあ、真相はハッキリ言って分からない。自分の及び知ることのない世界の中で、何かの悪意によって偶然的に自分が罵詈雑言を浴びせられた時にそれが世界中に悪の組織がはびこって狙われてそう仕向けられたというような世界観をひとりで作ってしまうのが被害妄想だ。

f:id:karmen:20201025100712j:plain

冷静になってみると、俺の試合は可もなく不可もない凡戦でショーアップされる要素はない。安定的に9回3失点くらいで投げている2軍のピッチャーのようなガイルなのだ。

そしてそのフォームを1軍選手が真似ていたとしたら、それは盗まれたと言うよりも稽古事で上手が下手に手本を見せても真似できない時に下手の真似をして見せ得る鏡になることで成長を促すという所作なのかもしれない。

f:id:karmen:20201025100724j:plain

カプエス2には高得点やカウンターでの超必殺技あKOを決めると裏ボスが出てめちゃ無茶強く、それを倒すとエンディングに後日談のような文章が出るという裏技があるのだが、これが発売当初から既にストII系ばかり好むいわゆる格闘ゲーマーがすると、表エンディングよりも誰しもが自然に裏ボスになって、ボスが強すぎてつまらないという意見が多かった。

それが時間の流れで技がなまり下手になってみると、ちょうどボスも何も出ないでトーナメント優勝で快くゲームを終えることが出来た。