クリスマスソング

バックナンバーの「クリスマスソング」が生み出される背景には斉藤和義の「歌うたいのバラッド」とミスチルの「君が好き」があると勝手に思っているんですが、それはヒステリックブルーのギターの人が好きなバンドはファンのみんなはジュディマリだろうと思っていても音楽雑誌のインタービューでは黒夢とかを語っているので、俺の想像の範疇で非公式かもです。

それでミスチルの曲をユーチューブで順番にさかのぼって聴いてひとつずつ思い出があって部屋でひとりでパソコンの前でヘッドホンで音楽聴いてビデオ見て泣いていたんですけど、Signあたりまで聴いて「届いてくれると良いな君の分かんないところで僕も今奏でてるよ」に今年のクリスマスソングはこれだ!と思いました。

この曲はiPodが出た頃のミスチルのヒット曲で、もうミスチルなんて若い頃に聴いてたの恥ずかしすと思ってもっと流行りの宇多田ヒカルとか教養のためにとクラシックとかもまぜこぜに聴いていた頃に飲み屋で知り合ったオッサンにパーティに誘われて座敷で鍋をしてみんな酒のんで寝た時に中学生くらいのオッサンの娘さんがまだ起きてて俺のiPodを珍しがって二人で遊んでいた時に俺が中高くらいで何聴いてたって話になって、ミスチルの曲を言ってもひとつも知らなくてその娘さんから「今はSignってのがミスチルの曲だよ」と教えてもらったんです。

そしてミュージックビデオをあらためて見ると、耳から聞こえてくるのはピアノや管弦楽のコンチェルトに桜井和寿の歌と音量控えめのドラムなんだけど、曲中にちょっとだけエレキギターの尖った音が主張していて「バンドって何だろう?」みたいな気持ちで聴いていました。

ああ、色んな事あったなぁと流した涙をティッシュで拭いて鼻をかんで、親父が自分用のクリスマスプレゼントなのか店用のファックスを新品に買い換えるんだけどラインナップからどれにしようか相談に乗って、6時になったら姉の家族の分とウチの分とケンタッキーをまとめて買いに行って去年から台所にあるワインを開けてそれで晩飯はオッケーだなと話しました。

朝の情報番組スッキリの出演者バンドでのラストクリスマスも良かったですよね。ラースクリスマスアイゲブヤマイハーって、俺ももう昔の恋とか言うと胸が苦しくて気持ち全部あげちゃうみたいなことも多分あったんだけど、最近なんて言うか心のお財布の紐が固いというか俺の全部はあげないよと値踏みするような用心がありますよね。片恋だったり騙されたりもしてきたわけだし。そして男なんだから女にだまされずに嫁さんひとりくらい騙してみろって年配の方は思うみたいだけど、最近は女のほうが賢かったりするんですよ。カネも持ってるし。