呪術迴戦めちゃめちゃ面白い

アニメ版の1〜2話の前半まで観た。

なんつうかね、小学校か幼稚園くらいでプラレス3四郎を観て夢中になれたのはガンダムだとおもちゃのスケールから本物じゃないって分かるけど、プラレスだとプラモが戦うわけだからおもちゃとしての没入度が高く、それは多分最近の仮面ライダーの変身ベルトと同じ理屈なんだけど、それ以上に呪術って俺がハマってるテーマだから導入部分の没入度が高かった。

まあ、テレビっ子がテレビ以外に興味を持つとそのテーマのTV番組が作られてまたテレビっ子に戻るというのも日本の呪術のひとつでテレビ消すとだいたい治るんだけど、そうじゃなくてテレビのない外の世界と日本に本当にある御札とかロウソクなどの小物オブジェが上手く絡められていてグイグイと引き込まれた。

が、2話で冷めた。

なぜ俺が呪術にハマっているかと言うと、俺自身が治らない病気で、それは病理的に体の中で起こっている何らかの異常ではなく、外界から受けている呪いのようなものであるというのが持論なので、それを自ら学び打ち払うことで病気を克服できると考えたことがあるから。

そして、その理屈はある程度正しく、人間関係の問題に悩んでいて、されると嫌なことを相手に攻撃してさせないようにして治そうとしてきたんだけど、それで治るのは俺の攻撃が及ぶ範囲で、匿名性のネットとか、家で休んでいるとことに外から壁に向かって悪口を叫んで逃げるとか、そういう嫌がらせの対処法としては我慢しか無いんだ。我慢して自分の性格をあらためるとか無視するとか、とにかくそれだけでも鬱になったり疲れたりする。

そして今日は家の勝手口の外にマクドのコーヒーの蓋が捨てられていた。これも誰かが通りがけに投げるとかしたんだろうけど、普通は入ってこない距離まで踏み込んでいるし、ゴミだから捨てれば片付くので問題ないけど、よく外でモノを買うと同じものの外箱とかが家の生活圏の何処かに捨てられていて、すごく嫌な感じになったりする。ヤクザか変な宗教に目をつけられたんだと思ってしまう。これは俺が高校の時に地元の暴走族といざこざがあってから時々経験していて、警察にも当たったし精神科も受診したけど、根本的に警察やお医者さんの思っているものとは違って、その現象が日本に古来からある呪術の方法ととても似ていて、しかしオカルト的なものではなく、ジジババから自然に代々伝わっている暴力で勝てない時の効果的な嫌がらせの術とでも言うか、そういうものだと考えている。

対して、俺が子供の頃と言うと英語を覚えるのが速くて、近所に風変わりな外国人が住んでいて聖書をすすめられて、ゲームやマンガの世界から魔法に憧れていた。

このふたつを結びつけるものはまだないが、呪術が抵抗しづらい嫌がらせとして実行力を持っているなら、地に根付いたものとしてどこか外国に行けば魔術の名残は残っているんじゃないかという風に考えている。探しに行くだけの行動力はまだないが、それなら住んでいる日本で自分が原体験した呪術から先に解きほぐして情報交換したいとこう考えて行動している。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |