大それた四重奏を奏でてみせられたな

スバルXVのCMソングは新しいバンドなのかなと思っていたら「ワタリドリ」でいちどタイアップしたAlexandrosの新曲だったんですね!

ワタリドリも新曲リリースの時にタイアップがなくて2年くらい経ってからライブ活動などでジワジワ人気が出て異例ってほどでもなく最近リリース後の曲がタイアップされることは時々あるんですけど、そんなことをいちいち書くと文章のテンポが悪いので異例のタイアップ。長え。

そんで新曲の「風になって」は終止アコースティックギターのストラミングが鳴り続けています。

昔よくあった4人バンドでボーカルはアコギ持ってるだけでサウンドプロデューサーみたいのがバックでキーボードで編曲して、ソロギターとか目立つところだけエレキギターが鳴っていて終始弾いているのはドラムとベースだけというバンドのパターン。

俺がギター買った頃って、音楽業界でそれはもう方程式みたいなもので、ドラムとベースがしっかりしていればギターは飾り物みたいなもので歌上手くてイケメンだったらいいみたいな噂は結構あったんですよね。

それはワタリドリでもイントロだけエレキの人が頑張って弾けばあとはバックバンドがサポートで付いてみたいな感じだったんですけど。

いや「風になって」は本当にバンドの4人の楽器の音で出来ているサウンドだなと納得しました。とても心地良いし、アコースティックとエレキギターとベースとドラムで音作りするひとつの形にバシッとハマっているなぁと。