今日はテレビを見て過ごしました

昨晩は夕食のほか弁のサービスの唐揚げのおつまみの誘惑に負けてクリアアサヒを。

なんというか、人から見てこういう風に見えたいって芸の問題ならクリアできるとしても人からこう思われたいって心まで支配しようとするとそりゃ思い通りに行かないこともあるわけで。そこがほぐれると、今までの自分が人は自分のことをこう思っているっていう固定観念の塊で、たとえば自分の陰口を叩くのは本人には言えない不満を誰かにぶつけてストレス発散するとか、そこを直して欲しいみたいな思いがあるかもだけど、ネットの匿名の書き込みで叩くとか有名人が週刊誌で叩かれるとかだと、その人の挙動が有名ゆえに政治的な利害を伴う人が出てきて、実利のための牽制球であるという風に考えると、心が傷つくことよりも防御を考える所まで気が回るというか。

ブログをいちど非公開にすることも考えたのですが、楽しみのひとつだからなぁ。

それで格闘ゲームと言うか特にストIIXのリュウケン戦について、ケン側をもうちょっと柔らかく考え始めたんですよね。リュウ有利だとは思うけど、無難な選択を繰り返すと体力差でリュウが勝つので、博打の期待値としてダイヤグラム不利でも3ラウンド中2ラウンド取るためには順当には行かない番狂わせ的な構想が必要で、そういうことを考えていました。

俺はもともと両手ジャンケンを右が活用に左グー右パー、左チョキ右グー、左パー右チョキの順番で超高速で出せたんだけど、これにはグーチョキパーの順序と右が勝つという定形があって、子供の頃からクセで何度もやって出来るようになっているので、左が勝つようにしたりグーチョキパーではなくパーチョキグーの順番にしたりすると、ゆっくりなら出来るけど高速にするともつれるし、それがある程度速くなると元々出来た右勝ちグーチョキパーが高速で出来なくなるという変化をいま感じています。

ただ、去年の10月から始めたボールペン回しはかなり精度が上がって、ボールペンだけでなく食事の前に親父が日本酒をレンジでチンする間に割り箸を回してみたりして、軽い割り箸もある程度の確率で回るようになってきています。

ほぼ半年もそんなバカな習慣を付けている。けど、そういう遊びって子供の頃から習慣づいているかどうかで出来るできないが分かれていると思うんです。1日数分を習慣づけるほうが一気にやろうとするより効果あるかどうかはともかく、比較よりもその習慣で出来るようになったということだけは記して残しておこうかなと。ヨガとか筋トレもしたりしなかったり。

ギターは辞めようかなとちょっと思ってます。3年前くらいの自撮りと比べて露骨に顔が老けてきた感じがして、もう歌手としてモテる可能性は無いだろうみたいな感じで。趣味として続けるかどうか、その時間を何か他の能力開発に充てるか、もしくは酒のんで良く寝るか。

勉強にしてもプログラミングにしても、もうそろそろ成長の変化量よりもそれで結実した成果みたいなものが実感できないものを捨てていく、諦めるというより最初からそれに何を期待していたのかの見直しをしないとね。スピード落としたメリーゴーラウンド白馬のタテガミが揺れる。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |