都市迷彩という概念を理解しているだろうか

f:id:karmen:20210316121241j:plain

今日は朝からトルネコの大冒険3アドバンスを中断データから再開して、階段を降りる前に真紅の盾+1以外に盾を4つ持っていたので、ひとつずつ装備して修正値を確かめたい欲求に駆られた。ちなみに合成の壺と確定した壺は持っておらず、盾は全て真紅の盾より基本防御力が低い。そして数回前の冒険で呪われた「爆発よけの盾」を装備して装備外しの罠もシャナクの巻物も引かずに12階で死んだことも頭をよぎる。だが、勝てなかった。好奇心と「確かめたい」という気持ちに。

装備してみると不安は的中して未識別の爆発よけの盾は呪われていた。マイナス修正こそ付いていないが、俺の中に爆発よけの盾は呪われている確率が高いというややオカルトなジンクスが出来そうになった。乱数の加減でそうなのかも知れないし、偶然かもしれない。中断してから後悔してネットで攻略サイトに爆発よけの盾は呪われやすいという情報が無いかと探す。どうやらそんな情報はない。

落ち着いて考えよう。まず合成の壺も出ていないのに盾を真紅から変えるメリットは何かあったのか。メリットが無いのが分かっていないから未識別は放っておけないという誘惑に負けたのだ。だが、もうひとつ考えるべきことはある。盾が呪われただけで即座にゲームオーバーが確定するほど不利でもない。気を取り直して挑めば深く潜れるかもしれないが、完璧主義的であるがゆえに意欲が減退している。

そして実は最近凝っていた数学の微積分の参考書も、諸々の事情はすでに解決しているのに100点とか1番とか偏差値70とか、ちょっとした数字の気持ちよさに強迫観念を持っているだけで、実効的には見当外れな頑張ってみたで賞を自分に与えるべくやっているだけだと思う。同じようにゲーム機PS4は4が死なので忌み嫌ったし、PS5は定価が49900円と縁起が悪い。喜んで買ったのは忘れもしないXBOX360である。

そんなこんなを考えながらも朝の9時ころから昨晩もう飽きたとブログに書いたコンピュータ将棋の決勝戦が気になり、中継サイトの更新待ちをして、今日は観戦でほぼ1日が終わった。こんなところに書いても仕方ないが関係者ならびに参加者の皆様お疲れ様でした。

ところで、話はこれで大筋終わってしまったがタイトルに付けて書こうと思った都市迷彩の話を書いとく。

迷彩とは動物の保護色を服で模したもので、森林地帯を移動する時に原色の服を着るよりは迷彩のほうが目立たないものだ。敵から銃で狙われたとして視認しづらくするのが目的だ。目立ちたい若者が派手な服を着る気持ちは分かるが、若者の集う都市ではそれぞれが色とりどりの服を着ていて、何を着ても案外と目立たないものである。反対にそういう場所でピシッとした黒スーツに白シャツにネクタイの人がいたら却って目立つと思う。対して、会社のビルの中ではスーツのほうが目立たないだろう。顔や背格好で判断しないと服では見分けづらい。

これを逆手に取るのが都市迷彩という考え方だろう。厳密にはコンクリートビルのグレーに色を近づけるほうが単体での迷彩効果は高いが、全身グレーよりも適度にお洒落な方が人混みの中ではかえって目立たないのである。

お洒落をしようと思って難しいと思う人は、いちど人混みの中で誰にも気付かれないようになってみようというくらいの気持ちで都市迷彩の服を選んでみたら良いと思う。そこを出発点にすると、街の中に溶け込めて自然に移動できるので、移動範囲が広がって街のどこからどこまで目立たないで移動できるか分かってくる。

都会の流行は移り変わりがあるので、ずっと目立たないでいようと思うとそれはそれで案外と難しいものだと思う。本当にちょっとしたことで古びて悪目立ちしたりするから。最近テレビでよく見るシャツのボタンの付いている側と留穴の側で生地が違うようなシャツは俺の周りには売っていない。もしかすると、アレを探してから街に出かけないとダメなのかなとちょっと思っている。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |