カルドセプトに限らずシンデレラシンドロームなんだろね

まずは最新のブックから。

f:id:karmen:20210717150710j:plain

f:id:karmen:20210717150734j:plain

f:id:karmen:20210717150752j:plain

f:id:karmen:20210717150814j:plain

f:id:karmen:20210717150854j:plain

当たり前のことならば、言わないほうが良いという人もいる。すごく分かる。

世の中に嘘が蔓延していると穿ったものの見方が出来るものだけが得をする。

だが、嘘と本当の境目がどこにあるか見分けのつきにくい事案だってあるだろう。俺は公家文化の残る奈良の城下町で育ったが、学校で習うのは基本的に寺子屋が起源の武家文化から来ているものも多いらしい。それらは結局領有権の主張や年貢の取り決めなど、お百姓さんからすると嘘のかたまりのようなもので、いわれなく農作物を取り上げられてきたことに忍耐でもって生きながらえたものもいれば、嘘を嘘で塗り替えてガマの油などの薬を売り、商売屋として下剋上をはかったものもいる。

その中には、嘘か本当かは絶対的基準があるわけではなく「皆で嘘をつけば本当になる」という安直な考え方が案外と根深い。自分たちは嘘をついて本当のことを言う人を消してしまおうとするわけだが、それは日本の村落で村八分をするに等しく、そういう文化の村落を支配するのにサーベルや拳銃などの武器でもって日本軍が作られた。

村の中で嘘がまかり通っていたとして、それは外から見ると奇妙なものに思えるもので、ある村の中では馬と鹿の名前がひっくり返されていたとして、そこに同じ言語系の来客があると反対だと分かるものでも、違う言語の外国人などが来ると反対であることが分からないままひっくり返った言葉に訳語が当たってしまうことなども可能性はある。

俺の生まれた町は嘘だらけなので、滋賀の田舎から嫁いできた母親はついに馴染めず出ていったし、そこで育った俺は学校の勉強と周りの言葉のあまりの食い違いに苦しんだ。

その中で高校くらいではもはや何が本当で嘘なのか混乱して数学と物理学しか正しさを判じる術はないと思いつめたものだが、ではそうならない人が何を基準にものを判じたかというと、絵本やマンガにテレビなど、目で見て分かるものと結び付けられた言葉による疎通性なのだ。

とかく目で見て示されたものに名前が割り当てられていると、そう言えば通じる。それは子供の頃には絵本や図鑑に漫画本が適していて、日本の国語教育のように活字の文脈から「思い」を読み取らせようとするのは、教育委員会のやり方でもありながら他方では愚民化教育と非難されている。

これはどちらも誤りで、生活があって自然に学ぶであろうと思われることの上に高度な知識としての教育というものを授けることで民度をあげようというものなのであるが、親を始めとする周囲の大人が子育てを学校にまかせきりにしたら、学校で目指す教育以外の当たり前のこともすべて教えないといけないという教えや学びに対する認識の甘さが現実となったのが現代だと考えられる。

揺らがない名詞に正しい論理と実証実験可能な現象群。そういうものが俺にはなかった。

ただし、何も確かなものが無いようで、それでも生きていけるのが公家文化の名残というか今どきの世の中では当たり前のスーパー・コンビニ・ショッピングモールでの食の安全。毒味をせずに食べても毒に当たって死ぬことはない。ただし、この町で葬式があったときに出される仕出しの料理などはいつ食あたりになって葬式に出た客がつられて死んでもおかしくない。

そういう町で時々腹を壊しながら、年の半分ほどを風邪で寝込みながら、俺は生きてきた。

そんな俺はこうしてブログで情報発信をしながら、自分が書いていることに正しいという自信が持てないまま、誰かに正してもらうことを繰り返してやがて真実に到達できるのではというような希望を抱くこともあった。願わくばシンデレラが白馬の王子様に出会うように。

けど、実はこの町で生き残った自分こそがどちらかと言うとお姫様を探しに行かないといけない王子の方で、子供の時から読む本を間違えていたとしか今となっては言いようがない。

この歳にして、ようやく正しい基準を持って学んだ小学生並みの生活力である。小学校で学べることの中には案外と良いものもある。お金が何処からともなく無尽蔵に与えられ、それを分け与えることで人の力によって生かされてきた俺ではあるが、最近その出処と上限値を知り、またより多くを持つものと争うことになるかも知れないという危機感を持った。

幼い頃から運命に思えていたものが、実は流れであって、難しいけど抗うことも多分出来る。

ただ、自分とは何かという自我と流れの向きが食い違ったせいで苦しかったけど、抗うではなく乗っかると、どんどん多方面から援助を受けて幼子の頃の夢に戻れる気もしている。

子供の頃からテレビの見過ぎは情報を相手に操作されるとか、テレビ局の意図が分からないものからすると不気味なニュースや映像の濁流であったわけだが、今日の日テレウェークアップでは菅総理の出演でアナウンサーとコメンテータが質問を投げ、ワクチン投与による国民の安産こそが喫緊の目標であると括る菅総理に対して、それは進行形で近未来に達成されることが見込まれて、もう1歩が欲しいとテレビ局の人は考えている。だけど総理の生出演に反論は無礼ということで、そのコーナが終わってから、次に高齢者ドライバのアクセルとブレーキの踏み間違いで起こった事故の裁判が責任追及の法的な限界が制度それ自体の限界まで来てしまっているという筋で番組は終わった。

それを見ていた俺は、昨日のテレビで渡辺えりさんと関ジャニの横山くんが山形のスーパーで漬物やこんにゃくを2000円分くらい買ってきて食べるという番組のひと幕を覚えていて、近所のスーパーではいつも弁当やチーズやお肉類に飲み物しか買わないのだけれど、思い切って魚や漬物を買って帰ってきた。インスタントばかりで調理場は家になく、バナナと焼き魚とチーズバーガーと書かれた菓子パンという訳のわからない食事ではあったが、冷蔵庫に放り込んだ漬物はこの数年ずっと居酒屋にでも行けば締めに茶漬けでも食えるかなと思っていたところ、お茶漬けくらい家で自分で用意しなきゃね、インスタントより面倒でもさ。

カルドセプトの話は書きたかったけど、特にブックの公開以外に語ることは当たり前なので今更書くまでも無いことに思える。もうみんな、充分に体験して文になってなくても分かってることがあるよね。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |