ひとりでも嬉しい

ニコニコ動画YouTubeでギターやピアノでの弾き語りを披露することにここ数年ちょっとした流行があった。音楽をしていても披露する場がなく大通りの脇などで路上演奏するホコ天バンドの時代があったらしいが、まあ上京もお金かかることを考えると地方でネットで自撮りを披露するというのも分かってもらえるかとは思う。

その流行はYouTubeの広告ビジネスの潮流からレコード会社や著作権団体と利権で揉めたのと、多くの人が参加することで本来競争ではない音楽でも視聴者が見てとる人気によって集まるところと集まらないところにバラけた。

だんだんと自分の演奏にもネットで人が集まらなくなり、昨日にはついにアップした動画が2時間待っても集客ゼロというところまで来た。

思えばブログの始めもそんなだったかもしれない。また、サラリーマンをしている時に繁華街で遊んでいるとさびれたジャズ喫茶に呼び込まれ、小さな楽隊の演奏をひとりで聞いたこともあったかなと思い出した。

仕方がないので自分の演奏を自分で見て、視聴回数がゼロから1になった。ああ、やってる時は気持ち良く演奏してるけど時を置いて冷静に見るとダメなとこもあるなと思い、せめて歌が分かるようにと人気のある人はみんなやっているカラオケのような歌詞表示の字幕をちょっと勉強して入れてみた。

気づけば、視聴回数は2になっていた。誰か見てくれたんだなと思う。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |