かくれんぼ

俺の夢は世界征服なのだが。

「世界征服とはそもそもどういうことなのか」を哲学的に考えることが第一義となる。例えば社長さんになるのが夢で、自宅がもしあれば自宅を担保にお金を借りて借入金で役所に届け出を出せば社長にはなれるかも知れない。審査があるが。だが、登記的に社長になっても従業員もいなければ建物も持っていないで仕事もしなければ翌年には倒産するだろう。つまり生活がまず出来ていて、余剰のお金があって、その上で資本金を積み立てて社会に何らかの利益を与える企業を考えて始めて会社経営は軌道に乗って、そして従業員がよく働いてくれれば社長室で楽ができるかも知れないが、俺の知っている中小企業の社長さんは自らも働き者というケースが多い。

だから、世界征服を例えば世界中の土地の所有権を持っている、とか山とか塔の上に立って全てを見下ろすとか想像してゆくと、飛行機に乗るとか宇宙飛行士になるのほうが現実的だろうし、自分がすべての土地を持ってもそこに誰かを住まわせないと無人島でのひとり暮らしとそんなに変わらないかも知れない。

つまり考えれば考えるほど自身が人間である以上はその五感をどう満たすかということでしか世界征服を味わえないのだから、安易な結論かもしれないが部屋に大型テレビを置きテレビ局の番組が自分の気に入るように作られて、あとは衣食住を適当に賄う暮らしは案外と良いものかも知れない。其上で俺の使っているマックブックプロは両手十本の指で操作して反応を返すその具合が俺の視覚や聴覚によろしいので、なかなか気に入っているもののひとつだ。

ネットゲーをずっと遊んでいたい、くらいのほうが分かりやすいかもだ。

そこまで来て、昨日退屈しのぎにPS2攻殻機動隊を遊んでいた。世界征服を目論んでいる割にソニーのような弱小企業の新製品ひとつ抽選でしか買えない現状、PS2でも面白いゲームはないか探すのもひとつの楽しみだが、攻殻機動隊草薙素子を操って電脳世界でハッキングや銃撃戦を疑似体験するのはまあまあ面白い。

ただ、攻殻機動隊は名前の通り敵のコアを攻めるわけだが、世界征服していても自分がその核であるということが公になるとJFKジョン・ケネディ大統領やビートルズのジョンレノンのように目立った末に射殺されるかもしれない。それは言い換えると敵視する人がいたわけで、世界征服なら悪の組織だとしても善の組織だとしてもその境界はなく、善悪のように敵と味方を区別する思想を超越した形で組閣しなければならない。

そこまで来ると、最初の方に「世界征服とは何か」は想像上の産物で、気持ちの上で楽しむもののように思われたかも知れないが、世界中の人が納得する思想を実現するというとても有意義な思想家の形に収まるのではないかとすら思える。

まあ、その日が来る前に目立たされて狙撃されないように、今は戦争を防空壕で忍ぶようなものだと自宅に隠れて細々と暮らしているのである。


🄫1999-2022 id:karmen