コーラ飲みたい!

朝食にハムエッグトースト、昼食は「わかめラーメン」

昼が軽かったのでおやつにチョコレートとドーナツ、牛乳を瓶半分飲んでインスタントコーヒーの粉を少し入れて、溶け切らないけどそのまま溶けたところと苦い粉を喉に流し込む。

甘いものが欲しい、というのはたぶん一昨日あたりからカルドセプトの攻略が進んで、数学のテストの時に頭痛が起こったように集中して考えて頭を使うとブドウ糖が欲しくなって頭が痛くなって、ああこれ20代の時にプログラム考えまくって病気になる前くらいにこのまま続ければ天才プログラマになれると思ってハマったパターンだと思い返す。

それで考えるのをやめてタバコを吸っていたらコーラが飲みたくなった。ファンタグレープでもいい。ビールなら家にある。しかし水道水を飲んで我慢してみた。

そうして思うことは、味として覚えているのは苦いビールや甘いコーラで、効いているのはアルコールか炭酸なんだけど、理性でアル中か炭酸刺激か甘さかその辺りだろうと思っても、体が欲するところは味わったことのあるコーラなんだよな。酒でもビールでもワインでもアルコールが効き目だと考えていても実験用アルコールを水で薄めて飲めば良いかというと、飲んだことのある酒の味がたぶん遺伝的にも忘れられなくて、米の甘みとかぶどうの皮の渋みとか炭酸のシュワシュワが間違って求めるものになっている。けど、炭酸が間違っていてアルコールが合っているというのは薬理的な整合性があるかないかで、「コーラ飲みたい」という欲求が顕在化している以上はコーラも正解だし飲めば満足するわけだし。

その辺で若い頃に初めて飲んだ酒がチューハイだった人がストロングゼロの缶だけで満たされるというのも観測的に正しくて、しかし爺に飲ませると日本酒の方が旨いとかアサヒスーパードライがいいとか言うの。

俺のゲーム中毒がストリートファイターIIとかマジックザギャザリングに偏ってんのも多分何かの勘違いなんだろうけどね。アルコールと炭酸とビールとコーラの関係みたいに、なんか勘違いしてんだろうけど、それで満たされることもある。ただ、地ビールでなくとも缶ビールで良いみたいに化け物でストリートファイターをするヴァンパイアにはストゼロ並みにハマったし、マジックザギャザリングも最近はカルドセプトDSで事足りる。

そして病気が治りきらないのに、大阪ビジネスパークまでシステムエンジニアの仕事に行かなきゃと思ってしまうのも、いつからか金がほしいだけだったのがそれを得るためのプログラミングやスーツ出社が儀礼的に現金以上に価値を感じるものになっているんだろう。

自分で断れないから病院行って先生に止めてもらおうとか考えてしまうのは、まだこの文具屋の二階で引きこもる生活が地域社会において肩身が狭いからなんだけどな。それこそ解決したい。

コーラを堪えるだけでキーボードで文字を打つのがこんなに捗るなんて!


🄫1999-2022 id:karmen